水俣を伝えたジャーナリストたち

today 2017(平成29)年6月25日(日)旧閏5月1日
100years ago 1917(大正6)年6月25日(月)旧5月6日

 愛猫を喪い10日ほど経ち、ペットロスで一般的に辿るといわれている「否定⇒交渉⇒怒り⇒受容⇒解決」の過程のうち、やっとこさ受容の段階に入ったかなというところのcozyです、こんばんは。今日は、ジョギング中に似た柄のネコを見かけて、連れて帰りたい衝動にかられましたが。

 最近、友人が本を上梓したので、紹介させていただきます。平野恵嗣(54)著「水俣を伝えたジャーナリストたち」(岩波書店)。著者は小学校時代からの友人で、現在、共同通信社に勤めています。同書によると、水俣のほか、死刑制度、帝銀事件、冤罪、「慰安婦」、LGBTなどの問題について英文記事を発信してきたとの由(知らなかった)。

 内容は、タイトルのとおり、水俣病問題そのものではなく、それを伝えてきたテレビや新聞の記者、写真家などジャーナリストたちを描いた、いわばメタ伝達です。読んでみて驚いたのは、水俣病問題はまだ終わっていない ということ。一方で早く終わったことにしてしまいたい、忘れてしまいたい人々もおり、沖縄や福島に通じるなぁと。

 会って話すときは、昔話を交えたバカ話ばかりしているのですが、「ちゃんとお仕事してたのね やる時はやるね」という感じです。編集者から企画をもちかけられたのが、東京ドームでのポール・マッカートニーのコンサートに行った後の居酒屋で、というクダリが、らしいなと思いましたです。

20170624
四六・並製・カバー・224頁。本体1,900円+税です。

【今日の1冊】
 戒能通孝著作集第8巻「公害」 戒能通孝著 1977年
 ジャーナリストではありませんが、法学者・弁護士として、公害を論じた論文が収められています。学生時代に読んだものを再読してみたくなりました。
スポンサーサイト

天国でまた会おうね

today 2017(平成29)年6月18日(日)旧5月24日
100years ago 1917(大正6)年6月18日(月)旧4月29日

 図書館に行ったら、ラッキーなことにいつも貸出中だった某小説(第1部・第2部の2分冊)があり、2冊とも借りてきたところのcozyです、こんばんは。第1部だけ借りて後から第2部を とも思ったのですが、第2部が借りられていたらやだなと考え2冊借りました。人気本なので、第1部を読み終わったら、そっちだけ先に返す予定です。

 先日、10年以上飼っていたネコが永眠してしまい、現在、いささかペットロス症候群に陥っています。わが家では、2匹のネコを飼っていたのですが、先にやってきたキジトラの方で、拙ウェブログのauther写真にも使っているやつです。文字通りネコ可愛がりしていたので、ショックでかいです。

 ついこの間まで、ソファに座るとすぐに膝の上に乗ってきたり、台所のシンクに上がったりしていましたが、急に食欲がなくなって、あれよあれよという間にやせ細り、先週末、動物病院に駆け込んだ時は、ポイント・オブ・ノーリターンを越えたとの由。関係者の皆様には、ご尽力いただき、誠にありがとうございました。

 以前、ペットロスの話を書きましたが、こんなに早くやってくるとは思っていませんでした。あと3年くらいは生きるかなと漠然とかつ勝手に考えていたので。ウェブログ等を読んでみると、ペットロスから回復するには、いろいろなケースがあるようです。当分の間、キジトラのネコを見ると心が痛むと思います。

20170618
在りし日のあき(2005?-2017)
いつまでも忘れないよ 天国でまた会おうね 行けたらだけど

【今日の1作】
 虹の橋 作者不明 1980年頃?
 飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所、または神話的な場所をうたった散文詩。レインボーブリッジ(東京港連絡橋)とは、たぶん無関係と思われます。

第46回盛岡芸術祭合唱部門公演

today 2017(平成29)年5月28日(日)旧5月3日
100years ago 1917(大正6)年5月28日(月)旧4月8日

 自宅に帰ってソファーに座るとすぐに、ネコがやってきて膝の上で寝はじめるので、以後、動けなくなってしまい、どうにも困っているところのcozyです、こんばんは。この状態の時は、家人に、コーヒーを淹れてくれとか、テレビのリモコンをとってきてくれとかの頼み事をしてもいいことになっているのが救いですが。

 今日は、第46回盛岡芸術祭合唱部門公演が盛岡市民文化ホールで開催され、わが男声合唱団コールMは、2週間前の定期演奏会でも演奏したロシア音楽メドレーを披露してきました。今年は、29団体が参加しましたが、半分ほどを聴くことができました。いつもながら、耳福の時を過ごすことができました。

 ありがとうございました。

20170528
会場の盛岡市民文化ホール大ホールの入り口。来年の定期演奏会は、県民会館が改修予定のため、ここでの開催になります(4月30日)。

【今日の1曲】
 Salve Regina フランシス・ジャン・マルセル・プーランク(42)曲 1941年
 今日の演奏会で、2つの合唱団が演奏していました(岩手県立大学混声合唱団Polishと盛岡コメット混声合唱団)。それぞれに、良かったです。

まつりのあと

today 2017(平成29)年5月14日(日)旧4月19日
100years ago 1917(大正6)年5月14日(月)旧3月24日

 昨日、所属する男声合唱団コールMの第39回定期演奏会があり、例によって演奏楽曲群が頭の中をグルグル巡っている中、楽譜やら関係資料やらの整理、並びに、この催しが終わるまでペンディングしていた諸々の案件の段取りに手をつけはじめたところのcozyです、こんばんは。まさに、まつりのあと状態です。

 まずもって、昨日の演奏会、聴きに来てくださった皆様、賛助出演していただいた皆様、演奏会を支えたいただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございました。おかげさまで、事務局の一端をあずかる身として、十分なマネジメントができなかったにもかかわらず、成功裡に終えることができました。おかげさました。

 今回の演奏会で賛助出演いただいたロビーワイドさん、Amphis Chorさんと交流し、多くの新たな出会いがありました。その中でのご縁があり、勤務地の二戸でも、合唱団に入ってみようかなという展開になってきました。新しい人や楽曲との遭遇は、いつでも楽しいものです。

 さて、コールMは、40回目の記念演奏会を、来年4月30日、盛岡市民文化ホール(マリオス)で開催する予定です。昨晩の打ち上げ会の場で、定演実行委員長の発表及び決意表明がなされ、次のまつりへの準備が始まりました。今後とも、よろしくお願いいたしますです。

20170514
膝に乗ってくるネコに邪魔されつつ後片付けをするの図。

【今日の1曲】
 祭りのあと 吉田拓郎(26) 1972年
 同名曲は、桑田佳祐さんとBase Ball Bearさんにもありますが、やっぱ、これかなと。

定期演奏会近づく

today 2017(平成29)年5月7日(日)旧4月12日
100years ago 1917(大正6)年5月7日(月)旧3月17日

 先日、某有名ポータルサイトの乗換案内サービスを利用したら、明らかに1本遅い時間の列車が示されて、この前の電波時計同様、信頼しきっては駄目だなと感じたところのcozyです、こんにちは。なんにせよ、絶対ということはないのは、その通りではありますが、ちょっと、ガッカリではありました。

 5月13日(土)に開催される、所属する男声合唱団コールMの定期演奏会まで、いよいよ1週間となり、この連休も練習に励みました。今回は、特別ゲストに盛岡出身のピアニスト 森知英さんを迎え、また、男声合唱団のロビーワイドさん、Amphis Chorさんに賛助出演いただきます。
 
20170507
よろしかったら、聴きにきてくださいまし。

【今日の1曲】
 ひばり ミリイ・アレクセエヴィッチ・バラキレフ(27)曲 1864年
 森さんの演奏曲のひとつです。

☆男声合唱団コールM第39回定期演奏会まで あと6日☆