第52回スーパーボウル予想

today 2018(平成30)年2月4日(日)旧2017年12月19日
100years ago 1918(大正7)年2月4日(月)旧1917年12月23日

 最近、やけに寒いので、過去の最低気温などを調べたりしているところのcozyです、こんにちは。盛岡における観測史上(1923年9月~)最低は、1945年(敗戦の年!)1月26日の氷点下20.6度です。ちなみに、歴代10位中9つは1947年までに記録されたもの(残り一つは1967年)。なんだかんだいって、やはり、昔のほうが寒かったのかなぁと。

 拙ウェブログ開始以来の恒例、スーパーボウル(SB)予想です。日本時間明日の午前8時30分から、米国ミネソタ州ミネアポリスのUSバンクスタジアムで行われるNFLの第52回スーパーボウルの対戦カードは、AFC王者ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)対NFC王者フィラデルフィア・イーグルス(PHI)となっています。

 わがピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)はAFCディヴィジョナル・プレイオフでジャクソンヴィル・ジャガーズ(JAC)に敗れてしまいました。キラービーズ3人がそろって健康だっただけに、残念であります。そのJACにチャンピオンシップで勝ったNEが、2年連続&PITと並ぶ史上最多6回目のSB制覇に向けて下馬評では有利といわれています。

 一方のPHIは、PITと同じペンシルベニア州のチーム。第2次世界大戦中にはフィラデルフィア=ピッツバーグ・スティーグルスという合同チームをつくったこともあるそうな。レギュラーシーズンの終盤に、大活躍のクォーターバックを怪我で欠き、プレイオフも不利といわれながらも勝ち抜いてきました。SBは3回目の出場で、初の優勝を狙います。

 というわけで、PIT目線からの期待と判官びいきを込めて、PHI27-21NEでPHIの勝利を予想したいと思います。注目選手は、NEは今季終盤PITから移籍したラインバッカー#92ジェームズ・ハリソン選手、PHIでは昨季までNE、かつてPITに在籍したこともあるランニングバック#29レギャレット・ブラント選手です。

20180204
今日の志和三山。

【今日の1曲】
 言いだせなくて イーグルス 1980年
 フィラデルフィア・イーグルスが初めてスーパーボウルに出場した1980年にヒットしたロックバンド・イーグルスの楽曲。どうでもいいことですが、Eaglesの発音はlが有声音なので、Beatlesと同じでイーグル「ズ」だと思うのですが、わが国での表記はなぜかイーグル「ス」となっているようです。
スポンサーサイト

なぜ応援するか?

today 2017(平成29)年12月23日(土)旧11月6日
100years ago 1917(大正6)年12月23日(日)旧11月10日

 先日、イヤホンをつけてラジオを聴きながら眠ってしまい朝起きたら、顔にコードの痕の凹みがしっかり残ってしまい、なかなか消えなくて焦ったところのcozyです、こんばんは。寝跡とか寝ジワというそうです。なかなか消えなくなってきたのは、肌の張りがなくなってきたからのようです。

 拙ウェブログでは、応援するフットボールチームを3つあげています。フットボール以外を含め、スポーツをテレヴィ観戦する場合、基本どちらか/誰かに肩入れすることなく、ニュートラルに観ます。が、この3チームについては「人生のっけてる」わけではないのですが、一喜一憂、七転八倒という感じです。

 ウェブログ立上げの頃、なぜ、この3チームなのかを書いたのですが、あらためて、考えてみました。まずは、フットボールである理由ですが、自分が学生時代、部活での経験があることが大きいかと思います。やったことのある競技は、感情移入しやすいというか、のめり込みやすいのではないでしょうか。

 次に、よくあるのは地元チームを応援するというパターンですが、それでいくと、釜石シーウェイブスは順当ですが、鹿島アントラーズとピッツバーグ・スティーラーズは当てはまりません。鹿島は、#40小笠原満男選手や#16山本脩斗選手など地元出身の選手が多いということはありますが。

 最後の要件としては、やはりスポーツですので「強い」ということなのかなと。鹿島はJ1リーグを8回、ピッツバーグはNFLを6回制覇しており、それぞれリーグ最多を誇っています。ちなみに、釜石の前身の新日鐵釜石が日本ラグビーフットボール選手権大会優勝8回で神戸製鋼に次いで2番目となっています。

 というわけで、まとめると経験・地元・強さということです。今季、釜石はトップリーグ昇格ならず、鹿島は無冠という残念な結果に終わってしまいました。ピッツバーグは、いい感じでレギュラーシーズンを終え、プレイオフを迎えそうな状況です。7回目のNFL制覇に向けて、まずは、打倒ニューイングランド・ペイトリオッツです。

20171223
昨日、所属する男声合唱団コールMでの歌い納めを行った盛岡バプテスト教会のクレッシュもしくはプレゼーペ。毎年、配置は少しずつ違うようです。昨年はこうでした

釜石シーウェイブス観戦追想

today 2017(平成29)年10月22日(日)旧9月3日
100years ago 1917(大正6)年10月22日(月)旧9月7日

 昨日行われたジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 釜石シーウェイブス(以下SW)対中国電力レッドレグリオンズ@北上総合運動公園に感動のいまだ冷めやらぬところのcozyです、こんにちは。というわけで、このネタを引っ張りたいと存じますです。あしからず。

 昨日の試合は、先制され逆転し逆転され再逆転し突き放すというシーソーゲームでした。SWサポーターが観ている分には面白かったのですが、前の試合までを両チームの戦績をみると、もっと楽に勝たなければならなかったようです。とはいえ、勝ちは勝ち。1stステージ残り2試合もしっかり勝ち切ってほしいものです。

 北上総合運動公園は改装されてきれいなり、電光掲示板もとても見やすくなりました。が、いわぎんスタジアム(盛岡南球技場)とかカシマサッカースタジアムに比べ、客席とピッチの間にトラックがあると、やはり興ざめします。ラグビーワールドカップ2019が開催される釜石鵜住居復興スタジアム(仮)に期待します。

 ところで、トップチャレンジリーグに所属するチームは、親会社が、自動車メーカーか電力会社が多いです。トップリーグになると、電機とか通信、飲料メーカーが入ってくる感じです。いづれも大企業ばかりでクラブチームは、SWだけです。秋田市役所(現秋田ノーザンブレッツ)とか大阪府警とかは、なかなか上に残れないのかなと。
 
20171022
ハーフタイム時のなかぴーとなかりん。なんとなく、色あせたような気が。

【今日の1曲】
 揺れるチャリオット エリック・クラプトン(30) 1975年
 原曲Swing Low, Sweet Chariotはいわゆる黒人霊歌で、ラグビーユニオンのイングランドチームのアンセムです。

釜石シーウェイブスの試合を観てきた

today 2017(平成29)年10月21日(土)旧9月2日
100years ago 1917(大正6)年10月21日(日)旧9月6日

 友人から「ブログの更新、1ヶ月以上サボってるな」というメールをもらい、そういやそうだったかなと慌てて書き始めたところのcozyです、こんにちは。直前更新は9月18日でしたので、指摘のとおり、1ヶ月と3日ぶりになります。そして、今回も困ったときのフットボールネタです。

 本日行われたジャパンラグビー トップチャレンジリーグ 1st 第5節 釜石シーウェイブス(以下SW)対中国電力レッドレグリオンズ@北上総合運動公園を観てきました。昨年一度も行けなかったので、2年ぶりになります。SWはここまで4戦全敗で、すでに来季のトップリーグ昇格の可能性はなくなり、トップチャレンジリーグ残留が目標です。

 結果は、31-18で、SWの今季初勝利!いきなりキックオフからノーホイッスルトライをくらい、ペナルティゴールを決められ開始5分で0-10になった時は、どうなることかと思いました。が、逆転に次ぐ逆転を経て、最後は突き放して3トライ差のボーナスポイントまでゲットするという超・劇的な展開でした。ほんと、いいもの観させてもらいました。

 久々のSW観戦でしたが、スタジアムの雰囲気も良く、お客さんもこのスリリングなゲームを存分に味わったのではないかと思います。cozy的には、今晩、鹿島アントラーズが横浜Fマリノスに勝ち、月曜日の朝、ピッツバーグ・スティーラーズがシンシナティ・ベンガルズを破って、今季初の「最高の週末」となることを期待しています。

20171021-1
来た!
昨年の国民体育大会で改修された北上総合運動公園陸上競技場。玄関前に立っているのは、千田美智仁さんと坂下功正さんと思われ。

20171021-2
観た!!
前半20分頃、#9スコット・ゲイル選手の一つ目のトライ(5-10)。ロックかナンバーエイトがスクラムハーフやってるみたいです。

20171021-3
後半35分頃、#20伊藤剛臣選手の逆転トライ(22-18)。スタジアムは大歓声に包まれます。やっぱり、この人です。

20171021-4
勝った!!!
ファイナルスコア。

【今日の1曲】
 チュニジアの夜 ディジー・ガレスピー(25)曲 1942年
 今日が生誕100年目のジャズ・ミュージシャン ディジー・ガレスピーことジョン・バークス・ガレスピーさんの代表曲。

2017-18フットボール・シーズン突入

today 2017(平成29)年9月18日(月)旧7月28日
100years ago 1917(大正6)年9月18日(火)旧8月3日

 すっかり秋らしくなり、今年も血沸き肉躍るフットボール・シーズンがやってきました。恒例の応援している3つのフットボール・チームについて書いてみます。最高の週末(3チームが揃って勝利すること)は何回、やってくるのでしょうか?

【釜石シーウェイブス】
 今季からジャパンラグビートップチャレンジリーグとなります。まずは8チームの総当り戦のファーストステージがあり、その後、上位4チームと下位4チームが総当たり戦(セカンドステージ)で最終順位を決めるとのこと。トップリーグ昇格のためには、まずは上位4チームに入ることがマストですが、現在、開幕2連敗です。。。

【鹿島アントラーズ】
 J1リーグは既に26節を終了し、19勝6敗1分の勝ち点58で、2位川崎フロンターレとの勝ち点差6で、首位をキープしています。ACL敗退時点で監督が交替。その後、持ち直してきましたが、代表選手が抜ける中ルヴァン杯も落としてしまいました。天皇杯決勝までを含め残り13試合、全勝でいってほしいものです。

【ピッツバーグ・スティーラーズ】
 NFLの試合の一部も、DAZNで配信されるようになりました。NHK-BS1以外でも観られるようになったのは、うれしい限りです。オフェンスのビッグ3は健在ですので、ディフェンスが改善されれば、7回目のスーパーボウル制覇も夢ではないかと。新人アウトサイドラインバッカー#90T.J.ワット選手が、初戦でいきなり活躍し、注目されています

20170918
J1リーグ第25節鹿島アントラーズ対大宮アルディージャ@鹿島サッカースタジアム(9月9日)。

【今日の1曲】
 リトル・ウイング ジミ・ヘンドリックス(25) 1967年
 今日は、ジミヘンことジェームズ・マーシャル・ヘンドリックスさんの命日(1970年没)なので。