2014年をふりかえる 総集篇

today 2014(平成26)年12月31日(水)旧11月10日
100years ago 1914(大正3)年12月31日(木)旧11月15日

 2014年1月1日のウェブログは、恒例のニューイヤーズ・レゾリューションで始まりました。いいっ放しはよろしくないので、その検証、答え合わせをやってみようという企画です。まずは、今年1月1日から引用。ニューイヤーズ・レゾリューション2014「可動域をひろげてみよう」の解説です。

<ひとつには文字どおり、身体、特に関節の動かすことのできる範囲を拡げてみようということで、平たくいうと(中略)開脚して胸を床につけるようにできたらいいね くらいの意味合いです。もひとつは、比喩的に、関心の範囲もついでに拡げてみようということで、今まであまり興味のなかった分野に首をつっこんでみてはどうかといった感じ。>

 とのこと。前者については、開脚胸ペッタンは達成できませんでした。最近はストレッチもおろそかになり気味です。後者は、しいていえば、Book Clubに入って、英語原書の読書を強制的に始めたことくらいです。それすらサボり気味ですが。ですので、点数を付けるとすれば、100点満点で30点くらいですね。

 というわけで、2014年は新年の抱負に対しては、残念ながら赤点だったかなと。しかしながら、大過なくヘルシーに年を越せることを感謝したいと思います。ほんとに、ありがたいことです。来る2015年がみなさまにとって、良い年になりますように祈りつつ。GOODBYE 2014!

【今年の感じ漢字】
 <若>
 若手が活躍した鹿島アントラーズの今年の漢字。cozy的には、若し(もし)あの時こうしていれば、、、の繰り返しだったからというのが理由です。
スポンサーサイト