水俣を伝えたジャーナリストたち

today 2017(平成29)年6月25日(日)旧閏5月1日
100years ago 1917(大正6)年6月25日(月)旧5月6日

 愛猫を喪い10日ほど経ち、ペットロスで一般的に辿るといわれている「否定⇒交渉⇒怒り⇒受容⇒解決」の過程のうち、やっとこさ受容の段階に入ったかなというところのcozyです、こんばんは。今日は、ジョギング中に似た柄のネコを見かけて、連れて帰りたい衝動にかられましたが。

 最近、友人が本を上梓したので、紹介させていただきます。平野恵嗣(54)著「水俣を伝えたジャーナリストたち」(岩波書店)。著者は小学校時代からの友人で、現在、共同通信社に勤めています。同書によると、水俣のほか、死刑制度、帝銀事件、冤罪、「慰安婦」、LGBTなどの問題について英文記事を発信してきたとの由(知らなかった)。

 内容は、タイトルのとおり、水俣病問題そのものではなく、それを伝えてきたテレビや新聞の記者、写真家などジャーナリストたちを描いた、いわばメタ伝達です。読んでみて驚いたのは、水俣病問題はまだ終わっていない ということ。一方で早く終わったことにしてしまいたい、忘れてしまいたい人々もおり、沖縄や福島に通じるなぁと。

 会って話すときは、昔話を交えたバカ話ばかりしているのですが、「ちゃんとお仕事してたのね やる時はやるね」という感じです。編集者から企画をもちかけられたのが、東京ドームでのポール・マッカートニーのコンサートに行った後の居酒屋で、というクダリが、らしいなと思いましたです。

20170624
四六・並製・カバー・224頁。本体1,900円+税です。

【今日の1冊】
 戒能通孝著作集第8巻「公害」 戒能通孝著 1977年
 ジャーナリストではありませんが、法学者・弁護士として、公害を論じた論文が収められています。学生時代に読んだものを再読してみたくなりました。
スポンサーサイト