岩手山登山

today 2017(平成29)年10月29日(日)旧9月10日
100years ago 1917(大正6)年10月29日(月)旧9月14日

 先日、隣の矢巾町内をジョギング中に車が寄ってきて「○○公民館はどこですか?」と訊かれ、うろ覚えながら教えてあげたのですが、気になって後で調べてみたら当たっていたので、よかったと思ったところのcozyです、こんばんは。車には、子どもさんが乗っていたので、何かの行事に向かうところだったと思われます。

 100年前の今頃(10月下旬の土曜日)、盛岡高等農林学校三年生のケンジ君は、弟の清六さんなど計4名で岩手山に登山に出かけました。山麓の柳沢の宿で夕食をとり、仮眠後、翌未明の2時半に宿を出発。途中、どしゃぶりの雨に遭い、いったん宿まで引き返し、朝になってから、再スタートしたとのこと。

 同じ年の6月にも同じメンバーでチャレンジしたのですが、その時も雷雨だったようで、だれか雨男がいるのかなと。岩手山については前にも書いたことがありますが、ケンジ君が盛岡中学在籍時から、何度も登っている山です。記録に残っているだけで十数回、その他数十回から百回という説まであるようです。
 
 岩手山は、県内最高峰であり、まさに岩手の象徴といえる山なのですが、都道府県の名前がそのまま山の名前になっているのは、非常に珍しいのではないでしょうか?一方、山といえば川。岩手川という川はありませんが、お酒の銘柄はありました。ちなみに、大分県には、大分川という一級河川があるようです。

20171029
昨日の岩手山。好摩・渋民間のIGRいわて銀河鉄道の車窓から。

【今日の1作】
 柳沢 宮澤賢治(21)作 1917年?
 100年前の岩手山登山の状況を描いた短篇小説。
スポンサーサイト