2015年をふりかえる きく・よむ篇

today 2015(平成27)年12月26日(土)旧11月16日
100years ago 2015(大正4)年12月26日(日)旧11月20日

 今朝ほど「いよいよ年の瀬だねぇ」と呟いた際、家人から「エッ 何が年のせい?」と反応され苦笑してしまったところのcozyです、こんばんは。年末恒例の今年のふりかえり。第4弾は、インプット系趣味のきく・よむ篇です。

≪きく≫
 2月にタブレットPCを購入しradikoプレミアムで家のどこにいても全国のラジオ局の番組を、高音質で聴くことができる環境を手に入れました。番組では、NHK第2ラジオの今年度唯一の新番組「音で訪ねるニッポン時空旅」と10月から12月までの「レベルアップ中国語 つかみの中国語」(講師 加藤徹さん)が秀逸でした。

≪よむ≫
 今年、読んだ本は70冊。2013年の119冊、2014年の108冊からは、3分の2以下に大きく減らしました。年のせいではなく、紫波町図書館のBookClubに入って英語を原文で読むようになってペースが落ちたのではと思われます。誕生日買いで、前半は高村薫さん、後半は奥泉光さんの作品を集中して読みました。

【今日の1冊】
 東京自叙伝 奥泉光(58)著 2014年
20151226
 なう りーでぃんぐ。普段はネズミで、時々ヒトやネコ、アサリになったりする「東京の地霊」が語るお話です。今、BookClubで読んでいるFlowers for Algernonとネズミつながりです。ヒツジ年の暮れにネズミ本を読んでます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)