生誕120年

today 2016(平成28)年1月17日(日)旧2015年12月8日
100years ago 1916(大正5)年1月17日(月)旧1915年12月13日

 久しぶりに気象通報(NHK第2ラジオ午後4時~4時20分)を聴いたら、たまたま富士山からの入電がなかったので気になっているところのcozyです、こんばんは。何かあったんでしょうか?気象通報は、以前、1日に3回(午前9時10分と午後4時、午後10時)の放送だったのが、2014年4月1日から1回になりました。

 今年は、ケンジ君こと宮澤賢治さんの生誕120年にあたる年です。地元紙では、タクボク君(石川啄木さん)生誕130年とあわせて、特集が組まれています。またNHKラジオ第2のカルチャーラジオ「文学の世界」では、「大人のための宮沢賢治再入門~ほんとうの幸いをさがして」という講座が放送されています。

 拙ウェブログのタイトルは「100年前のケンジ君」ですが、当然のことながら100年前の彼はちょうど20歳になります。20歳といえば、現代では「成人」になる歳だったりしますが、100年前の当時、そんな習慣はあったのでしょうか?そのうち調べてみます。今年は選挙権が18歳になる年でもあるので。

20160117
「2016 紫波冬まつり」の一環で、昨夜、催された花火大会の図。わが家のベランダからも鑑賞できました。

【今日の1冊】
 賢治文学「呪い」の構造 山下聖美(35)著 2007年
 上述ラジオ講座の講師、日本大学の山下先生の著書。宮沢賢治研究の研究をしておられます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)