新曲に挑戦中

today 2016(平成28)年1月24日(日)旧2015年12月15日
100years ago 1916(大正5)年1月24日(月)旧1915年12月20日

 再来週、とある催しでバンド演奏する予定になっており、新しく取り組む楽曲を中心にベースギターの練習に勤しんでいるところのなんちゃってベーシストのcozyです、こんばんは。例によって、五線譜からTAB譜を作って、かじりつきながら、ヒイコラやっております。来週、貸しスタジオで集合練習を行う予定です。

 タブラチュア譜(TAB譜)。記譜法の一種で、楽器固有の奏法を文字や数字で表示するもの。ギター用のそれは6本の横線が引いてあり、それぞれが弦(ベースギターの場合は4本)を表しています。でもって、その線(弦)の上に、左手の指で押さえるべきフレットの数が、3とか5、8などと書いてあります。

 つまり、ある音の高さを出すために、しかるべき弦のしかるべきフレット(押さえるべき場所)を示しているわけです。音を出すべきタイミングは、音符と同じく、タマ・ボウ・ハタ・フテンで示されます。その他の記号(強弱やシャープとかフラットの変音、演奏順序など)は、基本的に五線譜と同様です。

 五線譜をみて、即、その音を出すためには、どの弦のどの場所を押さえればいいのか分かればいいのでしょうが、なかなかそうはいきません。楽器をなさる方は、当然、初見で、それをつかんだ上で、表現であったり、その先のナンダリカンダリを追求しているのでしょう。音楽の奥深さを感じます。

20160124
これがTAB譜だ。マーカー(AとかBなど)やセーニョ記号は手書きです。

【今日の1曲】
 銀座カンカン娘 高峰秀子(25) 1949年
 今度やる予定の新曲です。ほかに、上を向いて歩こう(スキヤキ)、ダンシング・オールナイト、GUTS!です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)