啄木生誕130年

today 2016(平成28)年2月20日(土)旧1月13日
100years ago 1916(大正5)年2月20日(日)旧1月17日

 先日、定期的にやらかすポケットティッシュを入れたままの衣服を洗濯機に突っ込むという失態を行い、家人の大ヒンシュクをかってしまったところのcozyです、こんばんは。いつもはスーツのズボンに入れているところ、たまたま、ワイシャツの胸ポケットに入っていたのが原因です。

 今日2月20日は、石川啄木さんの誕生日です。1886(明治19)年生れですので、生誕130年ということになります。ただし、金田一京助さんの言によれば前年12月4日(旧暦10月28日)とのこと。啄木さんの口から「暮れに生まれたが、田舎のこととて春になって届け出たので、年が一つ実際より若くなっている」と聞いたそうです。

 現在のわが国では、戸籍法で子の出生日を第1日目として14日以内に役所へ、医師等が書いた出生証明書を添付した出生届け書を提出しなければいけません。130年前の戸籍法がどのように規定していたかはわかりませんが、「田舎のこと」ならずとも昔は、よくあったのかなぁと。
 
 なぜ2月20日かと考えてみるに、まずは「春」であること、それから、六曜を調べてみると、1886年2月20日は大安ですから、良い日を選んだのかもしれません。ちなみに、1885年12月4日は先勝です。さらにちなみに、今年生誕120年のケンジ君の誕生日、1896(明治29)年8月27日も先勝です。 

20160220
BookClubが終わっての帰り際、やっていたオガール・アコースティック・フェスのヒトコマ。Normalizeという紫波町在住のバンドです。

【今日の1首】
 石ひとつ
 坂をくだるごとくにも
 我けふの日に到り着きたる 

 石川啄木(24)作 1910年
 歌集「一握の砂」煙・一所収。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)