スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新婚の家

today 2010(平成22)年6月24日(木)旧5月13日
100 years ago 1910(明治43)年6月24日(金)旧5月18日

100624
 盛岡市中央通にある「啄木新婚の家」です。105年前の1905(明治38)年6月4日から24日までの3週間、19歳のタクボク君が妻節子さん&両親&妹と暮らしていたといわれている建物です。

 集合住宅だったので、実は、これではないという説もありますが、このアタリのこの間取りの家だったことは確かなようです。気軽に入って、文机に向い書をくるもよし、畳にごろ寝してみるもよしのナイススポットです。入場無料です。

 ところで、ゼンゼン関係ありませんが、ついに、略称ABCD→BDタイプを見っけたので、報告します。(5月14日記事参照)大韓民国→韓国。発見した時の喜びは、まさに感無量でした。つーことで、マンサク型(仮)改めカンコク型ってことにします。

 FIFA世界杯では、大韓民国代表チームが目出度く決勝トーナメント進出。鹿島アントラーズ所属の李正秀(イ・ジョンス)選手、ただ今2得点で、ディフェンダーなのに得点ランキング第2位!さすが、もとフォワード。リーグ後半戦も活躍してほしいものです。

【今日の1作】
 我が四畳半 石川啄木作 1905年
 この家でのことを書いてます。1905(明治38)年6月9日~7月18日の21回にわたって「岩手日報」に発表された「閑天地」の10回~17回があたるとのこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。