スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプリングの話

today 2016(平成28)年4月30日(土)旧3月24日
100years ago 1916(大正5)年4月30日(日)旧3月28日

 ヒモが付いていない単行本を読み始めたので、シオリを見つけだして使っているところのcozyです、こんばんは。探すと意外に見つからなかったりします。新書や文庫本はブックカバーを利用してるし、今の単行本は、だいたいヒモが付いているのが多いので、シオリはあまり使っていませんでした。

 アルバイト話第5弾です。まだ、続きます。これも東京での大学時代、所属していたラグビーサークルを通してきた話で、サンプリングをやりました。サンプリングといっても、もちろん、過去の曲や音源の一部を引用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法・表現技法のことではありません。

 江東区は夢の島の清掃工場に行って、家庭ゴミの袋を破って中身を、紙類とかプラスチック類、厨芥(ちゅうかい 生ゴミのこと)などと分類して、それぞれの重さを測って記録するという作業です。ゴミ質を分析するための標本調査ということで、サンプリングと呼んでいたのだと思われます。

 まぁ、適当に選んだゴミ袋の中身を調べるわけですから、いろんなゴミが出てきたように思います。写真とか手紙など出した人が特定できる情報もありました。今もこういう調査をやっているかどうかは分かりませんが、ゴミを出す時は、中身を見られる可能性もあるよ ということを意識した方がいいかもしれません。

20160430
あらえびす記念館からの眺め。東根山のてっぺん付近には白いものが。

【今日の1冊】
 さよならを待つふたりのために ジョン・マイケル・グリーン(35)著 2012年
 ヒモが付いていない単行本です。紫波町図書館のBookClubで、読み始めました。原題はThe Fault in Our Stars。ガンを患っている若い男女の話です。いきなり、ニーバーの祈りがでてきました。

☆男声合唱団コールM第38回定期演奏会まで あと13日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。