単身ライフその後

 自宅のデスクトップPCがネットに繋がらなくなってしまったため、ノートPCでウェブログを書いているところのcozyです、こんばんは。二戸での生活を始めて3ヶ月が経ち、だいぶ落ち着いてきましたが、その後の二戸での単身ライフ(衣食住)について、書いてみたいと思います。

 まずは、衣。以前、洗濯機を回すタイミングがわからないという書きましたが、下着だけは別に手洗いするなどの対策を施し、改善されてきました。着る物のローテーションを組んで偏りがないようにするとか、ワイシャツのアイロンがけなども、だいぶ馴れてきました。

 次に、食。産直で野菜を買ってきて、簡単な調理をするようになりました。ミズナのおひたしとか、キャベツのネギ塩ダレかけ などは、お手の物です。作りすぎると、しばらく食べ続けなければなりませんが。野菜は、スーパーマーケットよりも産直のほうが断然安いです。

 最後に、住。公共施設に近い環境を満喫しています。暖房費を節約するためもあり、図書館の閲覧室やスポーツセンターのトレーニングルームに居ることが多いです。図書館では無料WifiなのでタブレットPCを使ったり、スポーツセンターではランニングマシン等を使って運動不足解消に努めたりしています。

20161217
今朝の二戸の様子。3ヶ月前はこんな感じでした。

【今日の1冊】
 漂うままに島に着き 内澤旬子(49)著 2016年
 単身赴任ならぬ、単身で東京文京区から香川県小豆島へ移住した女性の顛末記。著者の両親の故郷は、岩手県北部とのこと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)