スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂消る

today 2010(平成22)年7月8日(木)旧5月27日
100 years ago 1910(明治43)年7月8日(金)旧6月2日

 FIFA世界杯セミ・ファイナル ゲルマン魂ドイツvs無敵艦隊スペインを早起きして見てみました。予想通りというか予定通りというか、スペインがボールを持ちながらゴールを狙う、ドイツが時々カウンターとセットプレーから反撃って感じでした。

 試合が動いたのは後半28分。ボール回しで圧倒していたスペインですが、皮肉にもドイが得意とするはずのセットプレーのコーナーキックからFCバルセロナ所属ディフェンダーのカルレス・プジョル選手がヘディングで決め、これが決勝点。0-1でスペインが初めてのファイナル進出となりました。

 予選リーグ初戦でスイスに負けるというスタートを切ったスペイン。試合見るのは初めてだったけど、フツーにとっても強かった。これにメッシ選手入ったバルサってどんだけだよと改めて思わせる試合ではありました。

 ドイツからしても、失点以外は、ある程度ゲームプランに沿っていたのではないかと思われます。まさかのコーナーキックでやられて、インテルにはなれなかったってことです。てわけで、タマゲたことに、ここで、ゲルマン魂は姿を消しちゃいました。

 スペインのファイナルの相手は、さまよえる幽霊船オランダ。で、無敵艦隊vs幽霊船。幽霊船は、南アフリカの喜望峰近海で目撃されるという伝説だし。いわゆる攻撃的といわれる両チームなんで、世間的には、この組合せの方が面白いのかと。月曜日の早朝か、、ムリしないかも。

 むしろ、休日早朝の堅守速攻型チームナンバー1決定ウラ決勝戦てことで、ウルグアイvsドイツの3位決定戦は必見。セミ・ファイナル欠場のスアレス選手とミュラー選手見たいし。でも、3決ってモチベーションどーなんだろ?
 ふぁ~、ねむっ。

100708
盛岡市役所裏から、中津川対岸を望む。
さんさ踊り(8月1日~4日開催)の太鼓や笛を練習する音があちこちから聞こえてきます。

【今日の1曲】
 鳥の歌 カタルーニャ民謡 パブロ・カザルス編曲
 FCバルセロナのあるカタルーニャ地方のクリスマス・キャロルをチェリストのパブロ・カザルスが編曲・演奏。
 「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」という国連本部での編曲者のスピーチが有名です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。