スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go!シーウェイブス!!

today 2010(平成22)年9月19日(日)旧8月12日
100 years ago 1910(明治43)年9月19日(月)8月16日

 今日行われたラグビーのジャパン・トップ・イースト・リーグ第2節釜石シーウェィブス対日野自動車レッドドルフィンズ@盛岡南公園球技場の観戦記です。

  早めに昼食を済ませ、12時頃自宅発、電車にてJR岩手飯岡駅から昨日の山岳コース走破の影響が残る脚をひきづりつつ、会場へ向かい、着いたのはキックオフ30分前の12時30分。

100919-1
マスコットなかぴーのお出迎え

100919-2
練習の様子 奥に見えるは志和三山

 今年の日程は、昨年とマギャクで前半に比較的下位チーム(日野自動車レッドドルフィンズは今季昇格)との対戦が組まれているので、シーズン後半が本番という感じです。とはいえ、何が起こるか分からないのがフットボール、気を抜かず相手に敬意をはらって試合を進めてほしいものです。

 釜石のスタメンは、斉藤、小野寺、佐々木(和)、ファーディー、ラタ、須田、佐伯、馬渕、長田、小原、清水、武蓮傳、アラティニ、菅野、津嶋。

100919-3
キックオフ 奥に見えるは東北新幹線の高架と朝島山
バックスタンドの応援の皆さん、いつも、ごくろうさまです!

 試合は、キックオフ後の相手ラインアウトをマイボールにして右へ展開、スタンドオフ小原選手の相手ライン裏へのハイキックをフォローしたナンバーエイト馬渕選手がタップしたボールがロックのラタ選手に渡りそのまま抜けて、オープニングトライ!

 その後も押せ押せで、特に、馬渕選手が相手ラインアウトを奪い、フォワード、バックスでつなぎ、フランカー佐伯選手がグラウンディングした3つ目のトライが圧巻でした。

100919-4
ハーフタイム、バックスタンドに愛嬌を振りまくなかぴー

100919-5
試合終了間際、敵陣ゴール前絶好の位置でのマイボールスクラム
結果は、残念ながらアクシデンタル・オフサイド・・

 ほぼゲームを支配したシーウェイブスは、結局、4846対8で勝利しました。今日の試合を観る限り、ミスが散見されたり、相手キックオフを深く蹴られたときの自陣からの展開がイマイチだったり、修正点は多々ありましたが、かなり期待できる内容だったと思います。

 次回参戦予定は、第7節11月7日(日)対栗田工業ウォーターガッシュ@北上総合運動公園。そこまで取りこぼすことなく、ケガ人を出さないことがトップリーグ昇格への最低条件かなと。昨年は、キモの試合で主力選手がインフルエンザで出場停止でしたので。

 フットボールつながりで。
 昨日のJ1リーグ第23節、鹿島アントラーズは大宮アルディージャ戦@カシマスタジアムで、マルキーニョス選手のハットトリックにより3-0で勝利!得失点差と失点数ではトップに立ち、勝点差5の首位名古屋グランパスの追撃体制を整えました。

 こちらも、第29節11月7日(日)カシマでの直接対決があります。

【今日の1曲】
 第2交響曲 ヨハネス・ブラームス曲 1877年
 秋といえばブラームスシリーズ第2弾。「ブラニ」というかどうかは不明です。ブラームス交響曲4つの中で一番好きだったりなんかします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。