鶴と亀

today 2010(平成22)年12月7日(火)旧11月2日
100 years ago 1910(明治43)年12月7日(水)旧11月6日

101207
 昨日の写真は鶴ケ池だったので、今日は亀ケ池。岩手公園には、桜山神社参道を境に東に鶴ケ池、西に亀ケ池が配置されています。現在は、池の上を東大通りが横切っていますので、池が4つあるように見えます。

 「鶴は千年 亀は万年」というように長寿動物のシンボルとして並び称される両者ですが、実際には長くて、鶴は80年 亀は180年位のようです。鶴で12.5倍、亀にいたっては55.6倍にも過大評価されています。

 鶴亀算というのが文章題の解き方がありますが、更に複雑な鶴亀トンボ算というのがあるそうです。また、夜明けの晩にスベることでも有名で、何かと話題の多い両者です。お座敷歌もあったような。。

【今日の1曲】
 キリエ・エレイソン アルベール・デュオウパ曲 荘厳ミサ曲より 1869年
 定演の出し物シリーズ第2弾。
 キリエ・エレイソンは「主よ あわれみたまえ」の意で、ギリシア語をラテン語読み?したものだそうです。そういや、新約聖書の原典は、口語的なギリシア語で書かれているとか。(旧約聖書はヘブライ語)
 歌詞は、「キリエ・エレイソン クリステ・エレイソン(キリストよ あわれみたまえ)キリエ・エレイソン」のみ。キリエがクリステをはさんで2回出てきますが、最初のキリエは神で最後のは聖霊、で、三位一体を表わしているとか。
 歌うときは、別にそんなこと考えてませんが。

※ 定期演奏会が近いので、所属合唱団のホームページをリンクしてみました。
  お近くの方、良かったらどうぞ、お出かけください。
  とびどぐもたないでくなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)