2010年ふりかえり フットボール篇

today 2010(平成22)年12月29日(水)旧11月24日
100years ago 1910(明治43)年12月29日(木)旧11月28日

 今年の鹿島アントラーズ&釜石シーウェイブスの観戦結果は以下のとおりです。

 4月4日 鹿島対ベガルタ仙台         @宮城スタジアム ×
 9月19日 釜石対日野自動車レッドドルフィンズ @盛岡南運動公園 ○
 11月7日 釜石対栗田工業ウォーターガッシュ  @北上総合運動公園×
 12月25日 鹿島対名古屋グランパス       @カシマスタジアム○

 てことで、2勝2敗。それぞれに思い出深い試合でしたが、ベストは11月7日の1点差敗戦としておきます。あのペナルティゴールの緊張は忘れることはないでしょう。

 アントラーズのリーグ戦4連覇、シーウェイブスのトップリーグ昇格ともにならず、ミッション成就とはいきませんでしたが、来年以降の巻き返しを期待します。

 の前に、今日の天皇杯セミファイナルで、興梠(こうろき)慎三選手の劇的サヨナラゴールで、元日の決勝に勝ち上がりました。大迫(おおさこ おおはさまじゃないよ)勇也選手もゴールしたし、若き2トップが覚醒してきたのか心強い。

 アジア・チャンピオンズ・リーグ出場権ゲットのために Go! Anters!!

 それにしても、サドンデスみたくゴールの直後に試合終わったの初めて見た。まさにサヨナラ・ゴール。ところで、野球のサヨナラ・ヒットを英語でなんというか調べてみたところ、a game-ending (walk-off )hitとのこと。walk-off は打たれた投手が歩いて引き揚げるからだそうなので、フットボールの場合はa game-ending goalでしょうか。

101229
自宅近くからの東根山。風強かったです。

【今日の1作】
 ニュルンベルクのマイスター・ジンガー ヴィルヘルム・リヒャルト・ヴァグナー曲 1867年
 今夜の演目なので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)