簗田剛介

today 2011(平成23)年1月31日(月)旧2010年12月28日
100years ago 1911(明治44)年1月31日(火)旧1910年1231

 100年前の今日、見ず知らずの簗田剛介さんという方が、タクボク君の家を訪れ、朝9時から夜11時まで14時間も話し込んでいきました。「一生に沢山の事をやつて虻蜂とらずになつた人」とは、タクボク君の感想です。それにしても、こういうことって、よくあったのだろうか?

 今年に入ってタクボク君ネタが多いのですが、タネを明かすと、1911年は日記が残っていて、ほぼ毎日の様子がわかるのです。なので、これからも、困ったときのタクボク君です。

 一方、ケンジ君の方は、この前のスケート練習以外、ほとんどネタがありません。つか、見つけられません。4月以降はちょぼちょぼあるのですが。

110131
今朝の毘沙門橋。最低気温はマイナス10.9度。もう慣れました。

【今日の1曲】
 森の歌 ドミートリイ・ドミートリイェヴィチ・シャスタコーヴィチ曲 1949年
 寒い時期に聴きたくなる楽曲。2004年に岩手県民会館の開館30周年記念事業で船橋洋介さんの指揮で歌ったのが、ちょうどこの時期だったこともあり。
 作曲の動機がスターリンに対するへつらいだったとして、今でもロシアはじめ欧州では演奏されることは少ないとか。もったいない気もします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)