偉人のまち

today2011(平成23)年2月24日(木)旧1月22日
100years ago1911(明治44)年2月24日(金)旧1月26日

 昨日のふろしきの日つながりで、大風呂敷の話から。
 どこぞの総理大臣が実現見込みの薄い政策を掲げたことについて「大風呂敷を広げさせていただいた」とのたまわったそうですが、大風呂敷とは、睦奥国胆沢郡塩釜村(現:岩手県奥州(欧州じゃないよ)市水沢区)出身の医師で官僚で政治家の後藤新平のあだ名でもあります。

 岩手出身ということで、学童時代、先生から100メートル道路(関東大震災後、当時、東京市長の後藤新平が100メートル幅の道路を建設を発案、予算の問題などで実現せず)の話は聞いたことがあります。

 奥州(欧州じゃないよ)市水沢区は、後藤さんはじめ、幕末の蘭学者・高野長英さん、第30代内閣総理大臣・斎藤実さんなど、歴史に足跡を残した人々を輩出しており、「偉人のまち」といわれています。特に、この三人を水沢3偉人と呼ぶそうです。

 現在では、偉人つか有名人としては、強制起訴されたあの人や漫画家・吉田戦車さん、紅白歌合戦総合司会・阿部渉アナウンサーなどが、このまちの出身です。

110224
夕暮れの中津川。

【今日の1曲】
 偉人のうた タイマーズ 1989年 THE TIMERSより
 忌野清志郎さんによく似ているゼリーが率いるタイガースのパロディの覆面バンド・タイマーズの楽曲。RCサクセッションのアルバム「カバーズ」が、素晴らしすぎて発売中止になった後に活動してました。
 
 もしも 僕が 偉くなったなら(ヤッホー)
 君が歌う歌を止めたりしないさ

 タイマーズには「あこがれの北朝鮮」という歌もあったなぁ。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)