スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご都合主義

today2011(平成23)年3月3日(木)旧1月29日
100years ago1911(明治44)年3月3日(金)旧2月3日

 昨日の記事で、テレビドラマに興味がなくなったと書きましたが、その続きです。なぜ、そうなったのかというと、フィクションのもっているご都合主義が鼻につくようになったということかなと思います。

 ご都合主義。言動に一貫性がなく、時々の都合(場の状況や雰囲気)に流されて行動する様のこと。から転じ、ストーリーの進行に都合いいように作られた強引もしくは安直な設定・展開とのこと。

 どんなドラマでも、程度の差はあれ、そういう傾向はあるのでしょうが、要するに、何をみても、しょせん作り物でしょ という覚めた見方をするようになったということです。

 そんなことも影響してか、読む本も圧倒的にノンフィクションが多いです。まぁ、ノンフィクションといっても、ライターの目を通した「事実」なので、怪しいものですが。なまじ、「事実」と謳ってるだけに、よけい、やっかいかもしれない。。

 最近では、そういうことを踏まえたうえで、フィクションだろうがノンフィクションだろうが、四の五のいわずに楽しめばいいじゃん てことなのだろうなとも思ってます。オトナの対応ですね。

110303
今日の上の橋。最高気温マイナス1.1度のそれはそれは寒い一日でした。

【今日の1作】
 女刑事キャグニー・アンド・レイシー 米CBS制作 1982~1988年
 昔はまってた海外ドラマ。スーパーチャンネルという専門チャンネルでやってました。舞台はニューヨーク。映画ロッキーの音楽でおなじみのビル・コンティさん作曲のテーマソングもかっこいいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。