みつばちの日

today2011(平成23)年3月8日(火)旧2月3日
100years ago1911(明治44)年3月8日(水)旧2月8日

 3月8日は、全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定した「みつばちの日」だそうです。ベタな語呂合わせなので説明は必要ないでしょう。

 みつばち。ハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツバチ属(Apis アーピス)に属する昆虫の一群で、花の蜜を加工して巣に蓄え蜂蜜とすることで知られています。有史以前から甘味料として使われている蜂蜜をはじめ、蜜蝋、ローヤルゼリー、プロポリスなどが、人間に利用されています。

 みつばちを飼育する養蜂は、1万年以上の歴史があり、古代エジプトの壁画やメソポタミア文明の楔形文字、ローマ神話にも登場するそうです。めっちゃ深そうです。ちなみに、養蜂業は、家畜の飼育ということで畜産業に分類されるとのこと。

110308
今朝の葺手町通り。昨日のホットライン肴町を進んで、中の橋通りを渡ったところです。このまま、ずっと進んでいくと、右側に藤原養蜂店があります。

【今日の1曲】
 ハチのムサシは死んだのさ 平田隆夫とセルスターズ 1972年
 みつばちは、一夜にして原因不明の大量失踪をすることがあります。原因は疫病説、栄養失調説、殺虫剤説、電磁波説、遺伝子組換農作物説、ストレス説などが唱えられているようですが、未だ解明はされていないとのこと。
 真赤に燃えてるお日様に試合をいどんで負けたわけではないようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)