スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結核

today 2011(平成23)年3月24日(木)旧2月20日
100years ago 1911(明治44)年3月24日(金)旧2月24日

 3月24日は、WHO(世界保健機構)が1997年に定めた結核の日です。1882年のこの日に、ハインリヒ・ヘルマン・ローベルト・コッホさんが結核菌を発見したのを記念したものです。

 結核。結核菌によって引き起こされる感染症。明治期の日本では、罹患者が多く、国民病・亡国病と呼ばれるまで猛威をふるっていました。ほとんど打つ手のない死に至る病で、タクボク君、ケンジ君はじめ、この病によって若くして命を落とす人が少なくありませんでした。最近では、薬による治療が難しい「多剤耐性」結核が発生し、古くて新しい現代の病気として注目されています。

 「結核」は直接的で口にしづらかっため、学名の tuberculosis(ツベルクローシス) から、医者達はカルテに 「TB」(トラックバックじゃないよ) と書き、ドイツ語読みで「テーベー」と言っていたそうです。それで、一般人も「テーベー」と呼ぶことが多かったとか。

 そういえば、「ER救急救命室」で、暴行にあってERに迷い込んで来た老人(実はかつてERに勤めていた医者)が、隣のベッドで治療されている患者が結核であることを見抜き、口がきけないんでノートに「TB」と書いて現役の医者に教えるシーンがあったなと。(第15シリーズ第14エピソード)

110324
今日の上の橋。

【今日の1作】
 檸檬 梶井基次郎著 1925年
 今日が命日(1932年没)の梶井基次郎さんの代表作。3月24日は檸檬忌と呼ばれます。死因はもちろん、TBです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。