青年奮起立功名

today 2011(平成23)年4月16日(土)旧3月14日
100years ago 1911(明治44)年4月16日(日)旧3月18日

 134年前(1877年)の今日、当時の札幌農学校・教頭のウィリアム・スミス・クラークさんが、現在の恵庭市島松で、米国への帰国にあたり教え子に「Boys, be ambitious (少年よ、大志を抱け)」との言葉を残しました。ただし、この後に「like this old man(この老人のように)」と続いたという説もあり、とすれば「俺みたく」って感じなのでしょうか。

 このときの教え子には、後に北海道帝国大学総長となる花巻市出身の佐藤昌介さんがいました。また、その1学年下には新渡戸稲造さんもいましたが、彼は、クラーク先生から直接教わったわけではないようです。

【今日の1首】
 懐クラーク先生 大島正健作 1877年?
 佐藤昌介さんと同じクラーク先生の教え子の一人、大島正健さんが作った漢詩です。この言葉が有名になるきっかけのひとつです。
 
 青年奮起立功名
 馬上遺言籠熱誠
 別路春寒島松駅
 一鞭直蹴雪泥行
 
 青年奮起シテ功名ヲ立テヨ
 馬上ノ遺言熱誠ヲ籠ム
 別路ノ春寒シ島松ノ駅
 一鞭直チニ雪泥ヲ蹴リ行ク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)