梅の続き

today 2011(平成23)年4月21日(木)旧3月19日
100years ago 1911(明治44)年4月21日(金)旧3月23日

110421
昨日に引き続き、今朝の岩手公園の梅。

 cozyがいかに梅好きであるかは、ブログのデザインを見れば明らかです。5つの府県(茨城、大阪、和歌山、福岡、大分)で梅を県の花もしくは木としており、市町村の花もしくは木となっている都道府県の数は35に達します。残念ながら、岩手は、ゼロですが。そういえば、あまり梅の名所はないなと。

 梅の場合、群れてるのより、1、2本の方がいいような気もします。

【今日の1首】 
 寒夜 杜秉作 12世紀か13世紀
 南宋の杜秉(とへい)さんの作。客人にお酒がなくてお茶を出したそうな。

 寒夜客来茶当酒   寒夜客来たりて 茶を酒に当つ
 竹爐湯沸火初紅   竹爐 湯は沸きて 火初めて紅なり
 尋常一様窓前月   尋常一様 窓前の月
 纔有梅花便不同   纔(わず)かに梅花有りて 便(すなは)ち同じからず

 寒い夜 訪れたお客さんに 酒の代わりにお茶を出す
 竹編みの爐には湯が沸いて 火が赤く燃えたばかり
 窓の外はいつものお月様
 でも、梅の花が少し一輪咲いてて、何かが同じではないなぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)