スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小岩井農場

today 2011(平成23)年5月15日(日)旧4月13日
100years ago 1911(明治44)年5月15日(日)旧4月17日

 100年前の今日、盛岡中学校では、5年生が日光-足尾-水戸方面に、4年生が石巻-塩釜方面に修学旅行に出発し、ケンジ君達3年生は小岩井農場へ遠足を行いました。

 小岩井農場。盛岡市から西北約12kmに位置する約3,000ヘクタール(甲子園球場2300個分!)を誇る日本最大の民間総合農場。

 橋場軽便鉄道の盛岡-雫石間(現在のJR田沢湖線)が開通するのは、10年後の1921年ですので、徒歩での遠足でした。普通に歩いて2時間半ほどでしょうか。昔の人はよく歩いたものだなぁ。

110515
菜の花ドーロの近く。菜の花ドーロ2と命名。バックは南昌山。
 
【今日の1作】
 小岩井農場 宮澤賢治作 1922年
 詩集「春と修羅」所収の長詩。駅の記述があるので、開通したばかりの鉄道で出かけたと思われます。ケンジ君の詩の中でも「青森挽歌」と並ぶ最重要クラスです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。