スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

107回目のブルームズ・デイ

today 2011(平成23)年6月16日(木)旧5月15日
100years ago 1911(明治44)年6月16日(金)旧5月20日

 6月16日はブルームズ・デイ。ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(1882-1941)の小説「ユリシーズ」(1922)が、1904年6月16日のダブリンでの出来事を描いているので、この日を主人公レオポルド・ブルームの名をとり、ブルームズ・デイというわけです。

110616
近所の麦畑。バックは岩手山。もうすぐ色づくころ。

【今日の1作】
 墓碑銘 石川啄木作 1911年
  われは常にかれを尊敬せりき、
  しかして今も猶(なほ)尊敬す――
  かの郊外の墓地の栗(くり)の木の下に
  かれを葬りて、すでにふた月を経(へ)たれど。
  
  で始まる詩。100年前の今日の作です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。