レースプランを考えてみる その1

today 2011(平成23)年9月8日(木)旧8月11日
100years ago 1911(明治44)年9月8日(金)旧7月16日

 いよいよ、ほぼ1か月近くに迫った2011いわて北上マラソン。そこで、制限時間からペース配分をシミュレート(シュミレートじゃないよ)するなどして、レースプランを考えてみます。

 まずは、制限時間の確認。
 第1関門 8km地点 50分
 第2関門 13km地点 1時間30分
 第3関門 中間点(21.0975km)2時間30分
 第4関門 32km地点 4時間
 第5関門 40.7km地点 5時間

 ですので、40.7km÷5h=8.14km/h。スタートからイーブン・ペースなら8.14km/hだと、無事、最終関門はクリアできる計算です。

 しか~し、第1から第4の関門に制限時間内でたどり着くためには、それぞれ、9.6km/h、8.7km/h、8.4km/h、8.0km/hのペースが必要になります。特に第1関門がきつい。

 で、次に各関門を制限時間ぎりぎりで通過するための速度を計算。このペースで走ると、私が通り過ぎると同時に関門が閉まる状態となるわけ。
 スタート(0km)
   8km   9.6km/h
 第1関門(8km)
   5km   7.5km/h
 第2関門(13km)
   8.0975km 8.1km/h 
 第3関門(21.0975km)
   10.9025km 7.3km/h
 第4関門(32km)
   8.7km 8.7km/h
 第5関門(40.7km)
   1.495km 無制限
 ゴール (42.195km)

 という感じで、デコボコがあります。

 普段の練習ペースは、ほぼ10km/h。それでずっと行ければノー・プロブレムなのですが、これまでの最高距離は25km位で、それ以上は未踏の世界です。一方、全体平均の8.2km/h位は結構、ラクなペースです。

 ですので、8.2~10km/hの間のどこのペースで走るのかを考えるのが、レース・プランを考えるということです。
(つづく)

110908
今朝の鶴ケ池。

【今日の1冊】
 マラソン完走マニュアル 2011春 ベースボールマガジン社刊 2011年
 フォーム解説から練習プラン、レース当日の過ごし方まで、懇切丁寧に書かれていますが、一番ページ数さいてるのは、ランニング・グッズの紹介だったりします。
 
☆2011いわて北上マラソンまであと33日!☆
☆かまいしの第九まであと94日!☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)