スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン族列伝

today 2011(平成23)年10月25日(火)旧9月29日
100years ago 1911(明治44)年10月25日(水)旧9月4日

 マラソン族に入ったせいか、マラソンがらみのニュースが目につくようになりました。以下は、いずれも、今月起こった実話です。ほぼ、ニュース記事のコピペです。

1 マラソン完走直後に出産
 米国シカゴで9日行われたシカゴ・マラソンに妊娠中の27歳の女性が出場、6時間25分かけてゴールした直後に産気づき、間もなく女児を出産した。
 この女性はシカゴ郊外に住むアンバー・ミラーさん。マラソン出場7回の経験があり、今回のシカゴ・マラソンに登録した後に妊娠が判明。レース前に相談した医師が、42.195キロを「半分は走り、半分は歩く」ことでゴーサインを出した。

2 百歳でフルマラソン完走
 カナダのトロントで16日行われたフルマラソンで、100歳のインド系英国人男性ファウジャ・シンさんが完走し、フルマラソンの最高齢世界記録を樹立した。
 公式記録ではシンさんのタイムは8時間25分16秒で、最後の完走者だったが、家族や友人らがゴールで出迎え、快挙を祝った。

3 レース中にバス乗車
 英国ノーサンバーランドで9日に行われたマラソンレースで3位に入った男性ランナーが、レースの途中でバスに乗っていたことが判明し、メダルを剥奪された。
 メダルを剥奪されたのは、ロブ・スローンさん(31)。大会主催者によると、スローンさんは、32キロを過ぎた地点で観客用のバスに乗り、その後コースの最終部分を走り、自己ベストのタイムでゴールした。

 アンバー・ミラーさん、ファウジャ・シンさん、すごすぎ。ロブ・スローンさんの気持ちはよくわかる。32キロ過ぎには、オレも乗りたかった。ところで記録はどれくらいだったんだろ?
 世界のマラソン族の活躍は止まりません。

111025
今朝の岩手公園。気温は高いのですが、落ち葉がだいぶ。

【今日の1曲】
 ホームブレーカーズ スタイル・カウンシル 1985年
 今日のように曇った日の朝は、この楽曲が頭の中で流れてくる時もあったりする。

☆かまいしの第九まであと47日!☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。