クラブ考

today 2011(平成23)年11月10日(木)旧10月15日
100years ago 1911(明治44)年11月10日(金)旧9月20日

 昨日は、明治末期の盛岡におけるクラブ事情について書きましたが、現代のわが国においては、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」第2条第2号に分類される接待飲食店も「クラブ」と呼ばれています。

 行ったことないのでよくわかりませんが、東京では銀座・赤坂・六本木、大阪では北新地などに多くあり、原義に忠実な「会員制クラブ」のように、原則として会員の紹介がないと入店できない店もあるとのこと。

 行ったことないのでよくわかりませんが、ホステスの上に店の経営を取り仕切る「ちぃママ」「ママ」と呼ばれる女性がいる、料金は明示されていない、お会計は非常に高い、料金はフリータイム制で時間制限はない、和服が多い、などが特徴だそうです。

 一方、ディスクジョッキーがかける音楽に合わせて踊ったりする飲食店の形態も「クラブ」と呼ばれています。いわゆるディスコです。通常「ク」にアクセントがあるところ、この場合、アクセントなしで発音することが多いようです。

111110
明治橋から望む今朝の岩手山。

【今日の1冊】
 宇宙は何でできているのか 村上斉著 2010年
 サブタイトルは、素粒子物理学で解く宇宙のなぞ。
 書名の問いの答えは、星と銀河と原子4%、暗黒物質23%、暗黒エネルギー73%(エネルギー換算)とのこと。暗黒物質(ダークマター)と暗黒エネルギー(ダークエナジー)の正体は全くわからないそうで。宇宙のほとんどは得体の知れないモノでできているということですね。納得。
 何度も出てくるキーワードは、「ウロボロスの蛇」。マクロの世界とミクロの世界はつながってるかもねってことですね。納得。
 それにしても、前に読んだ福岡伸一さんの本でもそうでしたが、技術者ってやたらノーベル賞を意識してるんだなぁと。

☆かまいしの第九まであと33日!☆
☆男声合唱団コールM第34回定期演奏会まであと45日!☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)