スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々クラブ考

today 2011(平成23)年11月15日(火)旧10月20日
100years ago 1911(明治44)年11月15日(水)旧9月25日

 現在、わが国には世界に類を見ない特殊なクラブが存在します。その名は、「記者クラブ」。日本新聞協会の見解によれば、公的機関などを継続的に取材するジャーナリストたちによって構成される「取材・報道のための自主的な組織」だそうです。

 して、その実態は、大手新聞社・通信社・放送局に組織運営が独占されていて、既存会員外の報道機関・ジャーナリストの入会は拒否・または制限されているケースが多いとのこと。特に、海外の報道機関・フリージャーナリストの入会は厳しく審査され、入会を拒否されるとか。

 小規模なメディアや海外ジャーナリストを排除する仕組みとして利用される、取材対象との癒着を生む、権力監視という報道機能の低下を招く、発表ジャーナリズムを加速するとして批判されることも多いようです。

 いろんなクラブがあるものです。

111115
今朝の鶴ケ池。

【今日の1曲】
 市民(庶民)のためのファンファーレ アーロン・コープランド曲 1942年
 昨日はコープランドさんの111回目の誕生日でした(1900年生れ)。
 なんでもないときに、突然、この曲が頭の中で鳴り響くことがあります。ローリング・ストーンズのラヴ・ユー・ライヴ(1977年)の冒頭で使われているので有名。エマーソン・レイク&パーマーやスティックスも使ってますね。

☆かまいしの第九まであと26日!☆
☆男声合唱団コールM第34回定期演奏会まであと39日!☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。