スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮魂と復興

today 2011(平成23)年12月11日(日)旧11月17日
100years ago 1911(明治44)年12月11日(月)旧10月21日

 かまいしの第九に行ってきました。34回目の今年は、「鎮魂と復興」を祈念し、311から9ヶ月後の今日、半年前まで避難所に使われていた釜石高校第一体育館での開催でした。

 「釜石の奇跡」で有名な釜石東中学校全校生徒や県内外からの参加者も含め、合唱団358人、オーケストラ59人の皆様と特別な時間を過ごすことができました。

 久しぶりにお会いした方々や被災された方々とお話するにつけ、あらためて、フツーに生きて歌うことの有り難さを感じました。

 と同時に、これは特異点でなく、30年以上続けてきこれからも続く中の1点であり、今日集った一人一人はたくさんの関係する皆さんの1点なのだなとも。

 皆様、ほんとうにありがとうございました。

 帰路につくと、空には円い月が浮かんでいました。(昨晩の皆既月食はスルーしましたが。)月といえば、月光とピエロ!明日からは定期演奏会に向け、「エレイソン」と「智恵子」と「ピエロ」(演奏順)な日々だぜい。

111211
ゲネプロ風景。シーウェーブスの方々も手伝いに来てくれてました。今日の模様は、20日にNHK総合(全国放送)で、28日にFMいわてで放送されるらし。

【今日の1曲】
 見上げてごらん夜の星を 坂本九 1963年
 本日のアンコール曲でした。

☆男声合唱団コールM第34回定期演奏会まであと13日!☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。