甲子園に流れた校歌

today 2012(平成24)年4月22日(日)旧閏3月2日
100years ago 1912(明治45)年4月22日(月)旧3月6日

 先週土曜日に生観戦して以降、鹿島アントラーズが公式戦3連勝となにげに調子がいいので、気をよくしてスカパー!Jリーグセレクションを申し込んだcozyです、こんばんは。スカパー!はアントラーズに礼をいうように。

 昨日、知人から朝日新聞の週末別冊版に、ケンジ君の母校、盛岡中学の校歌についての記事が載ってるよと教えてもらいました。「うたの旅人」というシリーズで軍艦マーチが取り上げられ、「甲子園に流れた校歌」というタイトルで、この曲が校歌として採用された経緯等が書いてありました。

 ところで、2月16日「校歌改訂」で記した改訂案は、結局、下のようになりました。現在の盛岡第一高等学校のそれとほぼ同じです。改訂を手がけた校長が松山中学校に転任したことは、4月16日「校長転任」のとおりです。

 世に歌はれし浩然の 大気をここに集めたる
 秀麗高き岩手山 清流長き北上や
 山河自然の化を享けて 汚は知らぬ白堊城
 
 明治十三春なかば 礎堅くたたまれて
 星霜ここに幾かへり 徴章の松の色はえて
 覇者の誉は日に月に 世にひびくこそうれしけれ
 
 忠実自彊の旗高く 文武の海に渡る日の
 久遠の影を身に浴びて 理想の船路一筋に
 雄々しく進む六百の 健児が姿君みずや
 
 振へや杜陵の健男児 海陸四方幾万里
 巉峭峙つ起伏の岨  澎湃寄する激浪の
 其処奮闘の活舞台 其処邁進の大天地

120422
校歌に歌われている、秀麗岩手山&清流北上川の今日の様子。

【今日の1作】
 方丈記 鴨長明 1212年
 800年前1212(建暦2)年の今日(旧3月30日)、完成したらしいです。ほんとかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)