スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髭か?鬚か?

today 2012(平成24)年5月17日(木)旧閏3月27日
100years ago 1912(明治45)年5月17日(金)旧4月1日

 通勤途上、思わぬところで自転車のチェーンが外れ、軍手など携行しているはずもなく、素手で直したものなので、すっかり汚れてしまい、まだ指先がうっすらと黒ずんでいるcozyです、こんばんは。自転車ツーキニストは、軍手を持ち歩きませふ。

 さて、白ヒゲ神社のヒゲは「此」か?「須」か?問題に決着をつけるべく、参道を進んでみたところ、、衝撃の事実が。。。

120517
鳥居の脇に、こんな説明板がありますた。

 「きたかみ景観資産 北上市認定№66 やすらぎの広場 鬼柳白髭神社」猿田彦大神は、ホワイト・マスタッシュだったのか?想像しづらっ。それにしても、北上市認定の「きたかみ景観資産」が他に少なくとも65あるとは。

【今日の1曲】
 犬のためのぶよぶよとした前奏曲 エリック・フレデリック・レスリ・サティ曲 1912年
 サティさんの誕生日(1866年生まれ)なので、100年前に作られたこの曲を聴いてみました。自画像などによると、髭&鬚があります。作曲家は、ヒゲ生やしてる人が多いなぁ。
 「犬のためのぶよぶよとした本当の前奏曲」という別の曲もあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。