スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブラリアンのつぶやき

today 2012(平成24)年9月20日(木)旧8月5日
100years ago 1912(大正1)年9月20日(金)旧8月10日
 
 以前、岩手県立図書館の貸出票について、過去に借りた人が他にどんな本を借りているかがわかって楽しいと書きましたが、昨日、紹介した紫波町図書館のカードでは、ああいう楽しみがなくなってしまい、残念といえば残念です。

 学校図書室の本には、ポケットに帯出者(借りた人)と貸出日、返却予定日、返却日を記入するカードが入っていました。あのカードを見て、「あいつも読んだのか」とか「返却予定日オーバーしやがって」とか思ったものでした。

 それと、図書目録カード(なぜか穴が空いている)とそれを格納する小型引出しがいっぱい並んだタンスのお化けのようなもの(←なんというのかわからない)も、今ではなくなった図書館ならではのものでした。

 出来れば、カードに「この本を借りた人は、他にこんな本を借りました」なんていうレコメンドを表示すれば、貸出数が増えるのではないでしょうか。やってるとこあるかもしれませんが。

120920
紫波町図書館カードのアップ。裏面に記載されているカード番号は48000081。

【今日の1冊】
 「当事者」の時代 佐々木俊尚著 2012年
 今、借りて読んでる本です。著者は、元毎日新聞の記者。現代のわが国の言論は弱者や被害者の気持ちを勝手に代弁する「マイノリティ憑依」に陥っている と紹介文に書いてありますが、まだ、半分くらいしか読んでません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。