肉を切らせて骨を断つ

today 2012(平成24)年11月4日(日)旧9月21日
100years ago 1912(大正1)年11月4日(月)旧9月26日

 増田誓志選手の右脚から放たれたボールは、美しい軌道を描いて、右サイドの西大伍選手のもとに届けられた。This is the Sidechange! 一斉に相手ゴール方向に進撃するアタッカー陣。それを確認しながら、ボールキャリーする西選手。
 西選手が繰り出したパスが柴崎岳選手に到達、ボールは左足ワンタッチで相手ディフェンダーを跳び越しペナルティエリア内へ!ディフェンダーを振り切った柴崎選手の右脚が鋭く振り抜かれる!!ボールがゴールマウス左隅に突き刺さる!!!
 ゴーーーーーーーール!!!!

 というわけで、昨日行われたヤマザキナビスコカップファイナル、清水対鹿島(ゼネコン対決じゃないよ)は、上述のゴールが決勝点となって、鹿島アントラーズが2-1で勝利しました。
 
 テレヴィジョンでライヴ観戦の後は、録画で何度も観直し、ネットでニュースやサポーターのウェブログを読み、夜のスポーツニュースをハシゴしの、いつものパターンで、我がアントラーズの大会2連覇を寿(ことほ)ぎました。

 清水エスパルスとは、今季これまでにリーグ戦2試合とナビスコヤマザキカップ予選1試合を戦って1勝2敗。特に、ちょうど1週間前のホームでのリーグ戦で1-2で敗れていたので、肉を切らせて骨を断ったというところでしょうか。

 が、リーグ戦は、残り4試合で未だJ1残留が確定していません。切らせた肉の代償が大きくならないことを期待します。清水とは天皇杯で対戦する可能性も残ってます。来年の元旦にリマッチして返り討ちできたら、最高ですね。もちろん、残留したうえで。

 昨日は、釜石シーウェイブスも栗田工業ウォーターガッシュに48―10で勝利、勝ち点を25としました。日本時間明日の朝、ピッツバーグ・スティーラーズがアウェイでニューヨーク・ジャイアンツを破れば、今季初の応援している3チーム全勝です。

 それにしても、いつも、リーグ戦はスカパーで観るのですが、昨日は地上波放送のせいか、やたらアップや応援風景、スローVTRが多くて、すごく観づらかったです。フィールドを広く観たほうが面白いし、VTRは録画を観ればいいと思うのです。

 この例に限らないのですが、マスメディアが見せたいものとcozyが見たいものが、ミスマッチしているようです。メディアが悪いのではなく、多くの人たちの興味関心(とメディアが思っているもの)とcozyのそれとがズレてるということなのでしょうが。

121104
久々の盛岡。杜の大橋から岩手山を望む。

【今日の1作】
 ゴジラ 橋本幸治監督 1984年
 ゴジラシリーズ第16作。ゴジラよりもまばたきの回数が少ないといわれた沢口靖子さんがナビスコ・リッツのCMに出ていたので、思い出しました。

☆第2回全日本男声合唱フェスティバルinふくしま まであと28日☆
☆2012かまいしの第九 まであと35日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)