揺り椅子

today 2012(平成24)年12月12日(水)旧10月29日
100years ago 1912(大正1)年12月12日(木)旧11月4日

 文具というか、身のまわりの家具なのですが、今回は揺り椅子 ロッキング・チェアです。就職して間もない頃に買ったものです。本を読むとき、譜面台と組合わせて使ったりします。ただ座って音楽を聴いたり、ぼんやりしているときもあります。

 凧を使って雷が電気であることを証明し、米国の100ドル紙幣でも有名なアメリカ合衆国の政治家&外交官&著述家&物理学者&気象学者、ベンジャミン・フランクリンさんの発明らしいです。

 フランクリンさんといえば、「フランクリンの十三徳」から発想されたフランクリン・プランナーという手帖があり、cozyはその真似ごとをやっているのですが、その話は、またそのうち。

121212.jpg
日本語的には「揺れ椅子」のほうが正しいような気もするのですが、なぜか「揺り椅子」。「揺り篭」も然り。
 
【今日の1冊】
 フランクリン自伝 ベンジャミン・フランクリン著 1790年?
 譜面台に載ってる本です。講談社文庫版です。開いているページに、「フランクリンの十三徳」が書いてます。いわく、節制、沈黙、規律、決断、節約、勤勉、誠実、正義、中庸、清潔、平静、純潔、謙譲。
 フランクリンさんは、十三の徳目を、毎週、一つづつ実行し、年に4回この過程を繰り返したそうです。今週は第50週なので、今年4回目の「平静」の番です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)