2012年をふりかえる ケンジ・タクボク篇

today 2012(平成24)年12月26日(水)旧11月14日
100years ago 1912(大正1)年12月26日(木)旧11月18日

 年末恒例のふりかえりです。まずは、ケンジ・タクボク篇。

 最近の拙ウェブログは、すっかり名が体を表していない「東横線都立大学駅状態」ですので、何ゆえタイトルが「100年前のケンジくん」なのか分らない読者のためにおさらいです。自分自身への戒めでもあります。

 能書きに「100年前、宮澤賢治さんがいた地付近の今を発信します つか、平凡な日々、ありふれた風景をイミづけるべく紡ぎだされるコトバたちです」とあるとおり、「100年前」と「宮澤賢治さん」をダシに、あることないことを書いております。「石川啄木さん」はついでです。

 タクボク君没後100年目の今年、幸運にも、命日の4月13日に終焉の地を訪れることができ、感無量でした。地元(東京都文京区)では、啄木没後100年よりも鴎外生誕150年の方が盛り上がっていたようでしたが。

 一方、100年前のケンジ君は、盛岡中学校の3年生から4年生となり、春には修学旅行に石巻方面へ出かけ、(恐らく)人生で初めて海を見たりしました。ケンジ君が生まれた年(1896年)に明治三陸大津波がありましたので、被災から16年後の三陸海岸訪問でした。

121226
没後ジャスト100年のタクボクくんの終焉の地。(2012年4月13日撮影)

【今日の1曲】
 イーハトーヴ交響曲 冨田勲曲 2012年
 オーケストラとボーカロイド(初音ミク)による話題の楽曲。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)