かきぞめ

today 2013(平成24)年1月3日(木)旧2012年11月22日
100years ago 1913(大正2)年1月3日(金)旧1912年11月26日

 元日はまずまずの日和だったのですが、昨日はものすごっ大雪!で、今日は、雪かきをせねばなりませんでした。今シーズンは「骨折、完治してないし」とかイイワケをして回避してきましたが、さすがに今回ばかりはパスできませんでした。

 雪掻き(かき)。積雪地において冬季の円滑な社会活動の運営を目的として、雪や氷を取り除くこと。除雪、雪除け(のけ)、雪片し(かたし)、雪透かし(すかし)、雪撥ね(はね)、雪寄せ(よせ)、雪投げ(なげ)などとも。

 要は、雪や氷を支障のある所からそうでない所まで運搬することなのですが、これがなかなか大変だったりします。「ああくたびれた。なかなか運搬はひどいやな。(by三毛猫fromセロ弾きのゴーシュ)」といった心境になりましたとさ。

130103
庭の木はこんな感じでした。

【今日の1曲】
 ディヴェルティメント第15番 変ロ長調 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト曲 1777年
 昨年末のNHK―FM「名曲のたのしみ 最終回スペシャル」で第4楽章を聴いて、「一目惚れ」ならぬ「一耳惚れ」?しました。年越しの間、ずっと頭の中で鳴ってます。吉田秀和さんいわく、モーツァルトの青春の楽曲だそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)