諸子百家

today 2013(平成25)年1月27日(日)旧2012年12月16日
100years ago 1913(大正2)年1月27日(月)旧1912年12月21日

 先日、論語に関する本を読んだので、諸子百家の話です。
 諸子百家。中国の春秋戦国時代(紀元前770年~同221年)に活躍した学者や学派の総称。陰陽家、儒家、墨家、法家、名家、道家を「六家」、縦横家、雑家、農家を加えて「九流」、小説家を加えて「十家」、兵家を加えて「諸子百家」というのが一般的とのこと。

 上記11以外は、その他大勢ということなのでしょう。「農家(のうか)」と「小説家(しょうせつか)」については、どんな学説だったのか大いに気になるところです。

 この時代のわが国は弥生時代。卑弥呼の時代より500年程前のことです、さすが中国。世界四大文明(メソポタミア、エジプト、インダス、黄河)の地の現状をみると、イラク、エジプト、パキスタン、中国なので、ギリシアも含めて、古けりゃいいってわけでもないような気もしますが。。。失礼!

130127
今日の豊沢川。

【今日の1曲】
 交響曲第25番ト短調 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト曲 1773年
 いわゆる「小ト短調」。ヴォルフィーの誕生日(1756年生れ)なので。諸子百家には「小説家」はありますが、「作曲家」という学派はないようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)