リュックサック考

today 2013(平成25)年9月5日(木)旧8月1日
100years ago 1913(大正2)年9月5日(金)旧8月5日

 オフの外出はもちろん通勤にも、リュクサックを利用しています。両手が自由になるメリットが大きいからです。最近、気がついたのですが、背負うよりも、前に抱き込むほうが、いいのではないかというお話です。

 リュックサック。荷物を入れて担ぐための袋。ドイツ語で「背に負う袋」の意。背嚢(はいのう)、バックパックなどとも。というわけで、名前からして、背に負われることが運命づけられているようです。

 しかし、以下の点で、お腹の方に抱くように負ったほうが合理的かなと。
1 おろさなくても、中身を取り出すことができる
2 見えているので、盗難の心配が少ない
3 混雑した電車の中で、他人の邪魔にならない
4 傘をさしたとき、濡れにくい
5 傘をさしたとき、肘掛けになる

 一方、背負う場合のメリットは、「重量がある場合や、長距離の場合、歩きやすい」ことと「見た目」ではないでしょうか。ですので、荷物が軽量かつ長距離を歩く必要がない場合や、特にも雨降りで傘をさすときは、前抱きの方が断然、お勧めです。

 世の中には、不合理なのに慣習として残っているものがたくさんありますが、リュックサックを背負うというのは、その典型ではないでしょうか。(ほかには、ネクタイ着用なんかもそうかな。)

 また、いびき対策として、リュクサックを背負って寝るというソリューションがあるようです。横向きに寝る癖がつくからだそうです。もちろん、この場合は、背負わなければ、意味がありません。

20130905
愛用しているリュックサック。普段は、お弁当や本などを入れています。いびき対策には使っていませぬ。

【今日の英語・ドイツ語・中国語】
 邦語:リュックサック 背嚢
 英語:a backpack(米) a rucksack(英)
 ドイツ語:der Rucksack
 中国語:背包(bei4 bao1)
 発音は、rucksackはラクサク、Rucksackはルクザクというような感じかなと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)