エア・レースから学んだこと

today 2013(平成25)年10月10日(木)旧9月5日
100years ago 1913(大正2)年10月10日(金)旧9月10日

 前回記事で、「本番を想定した実際と同じような練習」という意味で「模擬練習」というタイトルをつけました。が、模擬の後ろには、「試験」とか「裁判」といったコトバが続くことから、「模擬レース」というのが正しかったのかなと反省しているcozyです、こんばんは。

 模擬。本物にまねてすること。最近のハヤリでは「エア」とも。ですので、「エア・レース」ともいえます。兎も角、この前のエア・レースで収集した情報から、留意点の確認をしてみようという企画です。

其の壱 食事時間に意を配れ
 食後1時間ほどで走り始めたので、はじめのうち、腹痛がありました。もうちょっと、早めに摂ったほうがいいようです。

其の弐 ウォーミング・アップはほどほどに
 スタート地点への移動で6kmほど自転車をこいだ後、あまり休憩しなかったため、バテ気味でしたので。

其の参 着る物を吟味せよ
 薄手の綿製のパーカーは、気温21℃では暑すぎて、途中で脱いでしまいました。ランニング用の着物を買った方がいいのか?

其の肆 下りのテンポを上げ過ぎるな
 上りと下りは、同じテンポ(具体的には1分間に150歩)がいいようです。下りでテンポアップすると、脚がヤバくなります。

其の伍 天候を考慮せよ
 曇りでしたが、本番当日の天候が、気になります。雨天での練習もしといたほうがいいかも。

 ということで、次週、できれば悪天候時にトレーニングできれば、準備は完璧かなと。しかし、「エア・レース」って、実際には走ってないような感じだな。

20131006-2
今日も、近所の城山でトレーニング。頂上付近の駐車場より盛岡方面を望む。真中は、飯岡山。

【今日の1曲】
 行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(29)曲 1842年
 今日が、ジャスト生誕200年のヴェルディさん。といえば、やはり、この楽曲か。

☆第4回かまいし仙人峠マラソン大会まであと17日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)