スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完走の感想

today 2013(平成25)年11月2日(土)旧9月29日
100years ago 1913(大正2)年11月2日(日)旧10月5日

 先週の日曜日に参加して無事完走した「第4回かまいし仙人峠マラソン大会」のフリカエリ、題して「完走の感想」です。

 ゴールタイムは約1時間48分でしたが、レースプランでは、前半平坦道(10km)1時間・峠道上り40分(3.6km)・峠道下り20分(3.6km)・計2時間でした。結果は、順に1時間・28分・20分。ほぼプランどおり。貯金は、キモとみていた峠道上りで稼いだ分でした。

 全体の中では、平坦道の後半/戻りの5kmが、結構きつかったです。平坦といっても峠道との比較であって、高低差150m位あるようです。加えて、向かい風&気温上昇。峠道にかかるあたりでは、大丈夫かいな?という感じでした。平坦道1時間の内訳は、往路25分復路35分でした。

 案の定、峠道を上り始めてすぐ、脚につったような軽い痛みを感じ始めました。これは、レース前10日間ノーランニングだった影響かと。。次々、後続ランナーに追い抜かれていきますが、タイム的にはプランどおりなので、「焦るな。自分の敵は自分だ。」と言い聞かせつつ、走り続けました。

 コースが20年ほど前、何度も車で通った道路だったので、頂上(折返し地点)までのイメージがしっかりできていたことも、支えになったと思います。折返し地点で時計を確認し、1時間28分ほどだったときは、ほっとしました。

 ラストの峠道下りは、ペースを上げすぎないよう気をつけ、紅葉の景色を楽しみながら、余裕でゴールインできました。一昨年、フルマラソンのときは、ゴール後、吐きそうになったのですが、そんなこともなく。めでたし めでたし。

 というわけで、基本、想定内で進んだレースではありましたが、ちっさいトコではいろいろありましたね という、ある意味、どってことないフリカエリです。重ね重ね、大会を運営していただいた皆様、沿道で応援いただいた皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

20131102
今日の志和三山。大会以来のジョギングでした。1時間半かけて15kmほど。これっくらいが、今の自分の身体にちょうどいいかなと。

【今日の1曲】
 21世紀のスキッツォイドマン キング・クリムゾン 1969年
 時々、朝の出勤時の時計がわりに、NHK-BSプレミアムの「クラシック倶楽部」なる番組を観るのですが、一昨日、弦楽四重奏でプログレッシブ・ロックの曲をやっており、そのなかで演奏されていたので。
 「スキッツォイドマン?何それ??」と思いきや、やはり、あの曲でした。一般社団法人日本レコード協会内のレコード制作基準倫理委員会の基準が変わって、邦題が改められたとか。。。原題 Twenty First Century Schizoid Man。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。