ガッタパーチャ

today 2013(平成25)年11月4日(月)旧10月2日
100years ago 1913(大正2)年11月4日(火)旧10月7日

 ここ1ヶ月半ほど、特別どこかが痛くなったとかではないのですが、歯医者さんに通って、治療していただいています。歯は消化器官の入口ですので、健康管理の原点と思っていますので。

 で、歯の治療ってどんなことするのかなと、ネットでいろいろ調べたりしているうちに(現代の患者は、フツウにこんなことするんで、お医者さんも大変ですね。)、「ガッタパーチャ」なる単語にでくわしました。

 ガッタパーチャ。天然ゴム製の根管充填材で、頻繁に使用されている歯科用材料。歯の神経を取った後にそこを埋めるためのものだそうです。どっかで聞いたことあるなと思いきや、ジェイムズ・ジョイスの作品に出てました。(Dubliners所収The Dead)

 化学的には、通常の天然ゴムがcis(シス)型のポリ-1,4-イソプレン構造をしているのに対して、ガッタパーチャのそれはtrans(トランス)型だそうです。ですので、固く強靭で弾性が低いとか。

 それにしても、音的にいいですね ガッタパーチャ。きゃりーぱみゅぱみゅみたい。グッタペルカともいうそうです。

20131104
紫波町営自転車競技場付近の柿の木。すごい数の柿です。バックは東根山。

【今日の1作】
 冷血 高村薫(59)著 2012年
 歯科医師一家の殺人事件を描いてます。殺害実行者の1人が歯痛もち。読んでて、歯が痛くなってきました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)