ウチュウの戦い

today 2013(平成25)年11月10日(日)旧10月8日
100years ago 1913(大正2)年11月10日(月)旧10月13日

 本日行われたジャパンラグビー・トップイーストリーグ Div.1第7節釜石シーウェイブス(以下SW)対ヤクルトレビンズ@盛岡南公園球技場の観戦記です。ウチュウ(雨中 宇宙じゃないよ)の戦いでした。結果、35-16でSW勝利です!

 試合前のSWの状況は、前節、横河武蔵野アトラスターズにアウェイで24-7で敗戦。勝ち点24でリーグ3位。ミッションであるトップリーグ昇格に向けては、絶対に勝たねばならない一戦でした。対するレビンズは今季、上がってきたチーム(リーグ5位)。

 前半、トライ(コンヴァージョン成功)・ドロップゴール・ペナルティゴールでいきなり13点のリードを許す展開。あらら、、、前節後半の悪い流れを引きずってるのなと思いきや、セットプレイを中心にフォワードプレイはめっちゃ安定。焦らずやればいいのかなと。

 7-13で折り返した後半、相手選手シンビン退場中の早い時間帯で逆転、&突き放し、ボールコントロールに成功しての勝利でした。雨の中、ハンドリングミスはお互いにあったのですが、今日のフォワードはとても良かったと思います。

 シーズン・オープナーの盛岡南公園での試合も雨と風の中でしたが、今日はマジ寒かったです。レビンズ選手は寒さでもハンディを負ったのかも。次節、11月16日(土)東京ガス戦@北上総合運動公園第二運動場も必勝です!

 以下、試合終盤から終了後のショットです。寒い中、最後まで応援していた、メインスタンド側のサポーターの目前でのゴホウビみたいなプレイでした。イヤー、ほんと、いいもの観さしてもらいまししたです。

20131110-1
ラインアウトを完璧にキャッチする伊藤剛臣選手#4の図。この後、スローアー小野寺政人選手#2がトライ!

20131110-2
アンドそのコンヴァージョンを決める調建造選手#10の図。被トライのきっかけとなったチャージされちゃいましたが、相変わらずキックは安定してました。

20131110
試合終了後のスタンドへのあいさつの図。みんな、嬉しそうだったです。

【今日のアントラーズ】
 上記試合と同じ時間に行われたJリーグ ディビジョン1 第31節 湘南ベルマーレ対鹿島アントラーズ@Shonan BMWスタジアム平塚は、1-2でアントラーズが勝利しました!
 こちらも、リーグ優勝に向けて負けられらない つか勝たねばならぬ試合が続いています。アントラーズの得点者は、小笠原満男主将&大迫勇也選手!決勝点は相手の同点ゴールとともに、後半アディショナルタイム!!これをしびれずして、何をしびれる?みたいな展開でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)