スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年をふりかえる ケンジ君篇

today 2013(平成25)年12月28日(土)旧11月28日
100years ago 1913(大正2)年12月28日(日)旧12月2日

 年末年始の連休が始まり、自分史上最も早く年賀状を出し終わったので、部屋の掃除に取り掛かったところ、書類整理をしているうちに、懐かしい資料をつい読みふけってしまったcozyです、こんばんは。

 年末恒例の1年のふりかえり。まずは、ウェブログタイトルである「100年前のケンジ君」がらみです。ですから、厳密には「2013年をふりかえる 100年前のケンジ君篇」です。昨年は「ケンジ・タクボク篇」でしたが、タクボク君は1912年に没していますので、今年からは抜きです。

 100年前、1913年のケンジ君は、4月から盛岡中学校の最終学年5年生となりました。2月に舎監排斥運動を行って、寄宿舎を追い出され、盛岡市内の寺院(清養院、徳玄寺)に身を寄せたり、5月には修学旅行で北海道に行ったりしています。また、この年の岩手県は、陰湿多雨のうえ風水害が重なり、大凶作でした。

 というわけで、個人的にも社会的にもパッとしない1年であったようです。が、次年は、中学卒業、そしていよいよ「初恋の人」が登場します。乞うご期待。

【今日の1曲】
 O SALUTARIS HOSTIA ジォヴァンニ・ピエルルーイジ・ダ・パレストリーナ曲 多分16世紀後半
 先日の仙台での演奏会のオープニング・チューン。パレストリーナさんのモテット(ミサ曲以外のポリフォニーによる宗教曲とな)のひとつ。なかなか、味わい深いです。タイトルの意味は「おお 救いの生贄(いけにえ)よ」

※ 昨日、投稿したつもりがアップされていませんでした。ですので、昨日の日付です。今晩、ふりかえり第2弾趣味篇をアップします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。