スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・自由な3日間

today 2014(平成26)年1月5日(日)旧2013年12月5日
100years ago 1914(大正3)年1月5日(月)旧1913年12月10日

 自由な3日間 free three days 3日目です。結局、ラジオやCDを聴きながら、パソコン内ファイルの整理&時々本を読んでました。雪かきの必要も発生しなかったため、家から一歩も外へ出ずというとこまで、昨日といっしょでした。・・・と思いきや、さすがに今日は、イヴェントがありました。

 昨日、テレビみない話をしたばっかなのですが、例外のフットボール中継を観ました。アメリカン・フットボールのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)ワイルドカード・プレイオフ カンザスシティ・チーフス(以下KC)対インディアナポリス・コルツ(以下IND)@ルーカス・オイル・スタジアムです。

 前の記事に書いたとおり、ひいきのピッツバーグ・スティーラーズは、KCがサンディエゴ・チャージャーズを破ればプレイオフ出場という状況でした。が、KCは主力選手を温存した上に、NFLも認める誤審により勝利を失ったのです。この試合が自分らにとって重要な試合だったら、ありえないことです。

 ですので、KCへの逆恨みで、今日はINDを応援させていただきました。前半を終わってKC31-10IND。さすがKC、前の試合を捨てて、この試合の準備をしてきたのでしょう。攻撃が進む都度「たっぷり休んでるからな」とか、キッカーがフィールドゴール入れると「なんで先週はずしたんだよ」とか、テレビに向かって毒づいてました。

 しかし、フットボールの神様は見逃さなかった。結局、KC44-45INDで、大逆転!ざまぁみろ という感じでした。よくやった、アンドリュー・ラック(INDのクォーターバック)。次は、ペイトン・マニング(2年前までIND)率いるデンヴァー・ブロンコスと対戦かも。ということで、溜飲を下げた連休最後の日でしたとさ。めでたし、めでたし。

20140105
3日ぶりに外出。年賀状の返事出したり、散髪したり。紫波中央駅には、クリスマスツリーが。門松じゃないよね?まだ、クリスマスタイムだからかな?いつ片付けるか、注目してみます。

【今日のひとこと】
 I'll leave that between myself, my sons and our basement マイク・トムリン(40) 2013年
 自分たちのプレイオフ進出がかかったチャージャース対チーフス戦を自宅でテレビ観戦し、審判の不手際で希望を断たれた瞬間、どう反応したかを訊かれて、スティーラーズのヘッド・コーチが答えたセリフ。
 直訳すると、「それは私と息子と我々の地下室に置いておこう」。「自分たちの中に留めておこう。(口に出しても詮ないことだ。)」ということかなと。その後、NFLの改善のため、審判の待遇向上にも言及したようです。さすがです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。