シェルドレイクの仮説

today 2014(平成26)年1月11日(土)旧2013年12月11日
100years ago 1914(大正3)年1月11日(日)旧1913年12月16日

 この前、フリーな3日間はめったにない と書いたですが、なんと今日から、2週連続で自由な3日間 another free three days を享受しているcozyです、こんばんは。めったにないことも、たまに続けて起こることがあります。「シェルドレイクの仮説」というようです。

 シェルドレイクの仮説。アルフレッド・ルパート・シェルドレイクさん(現在71)が唱えているもので、「直接的な接触がなくても、ある人や物に起きたことが他の人や物に伝播する」とする仮説。いわく、

1 あらゆるシステムの形態は、過去に存在した同じような形態の影響を受けて、過去と同じような形態を継承する(時間的相関関係)。
2 離れた場所に起こった一方の出来事が、他方の出来事に影響する(空間的相関関係)。
3 形態のみならず、行動パターンも共鳴する。
4 これらは「形の場」による「形の共鳴」と呼ばれるプロセスによって起こる。

 そいえば、今週のとある日の午後、仕事で、確率としては年に数回しか発生しないイヴェントが、続けて起こりました。事象Aは、ある程度、予想できたことでしたので準備をしていたのですが、事象Bが、突発的に、ほぼ同時に進行したのです。AとBが共鳴した としかいいようのない出来事でした。

 2度あることは3度ある。近々、3つ目の「めったにないことが続けて起こる」があるかもしれません。

20140111
今週のとある日、出勤中に撮影。なんか、不機嫌そうな三毛猫ちゃんでした。

【今日の1曲】
 想い出の九十九里浜 Mi-Ke 1991年
 三毛猫→ミケ→Mi-Ke(マイクじゃないよ)つながりで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)