岩手・若手・セットプレイ

today 2014(平成26)年3月1日(土)旧2月1日
100years ago 1914(大正3)年3月1日(日)旧2月5日

 日々、楽しくコウモリと共存しているところのcozyです、こんばんは。本日、鹿島アントラーズが所属する日本プロサッカーリーグ(略称Jリーグ)ディヴィジョン1が開幕し、アントラーズは、ヴァンフォーレ甲府@国立競技場のアウェイ戦を戦い、0-4で勝利しました。

 アントラーズ系のウェブログによると、今シーズンは史上まれにみる低評価でのスタートのようです。昨年のチーム得点王(総得点のほぼ1/3)をたたき出した選手が移籍でいなくなって、その穴が埋まっていないからという理由のようです。プレシーズンの試合内容もイマイチでしたし。

 しかし、フタを開けてみると、まさか?の完勝。cozy的には、スタメンに岩手出身2名+東北出身3名のフィールドプレイヤーがおり、素敵だなと。しかも、若手の起用が多かったという意味でも、素晴らしかったなと。なお、4得点全てセットプレイからという内容でした。

 リーグ戦全体からすれば、たかが34分の1。甲府は、本来、地元でやる予定だった試合が雪害で東京開催になったため、必ずしも万全の体制ではなかったのかもしれません。ですので、こういう試合が、今後、ずっと続いていくとは思え
ませんが、されど34分の1、十分に期待をもてる試合ではありましたです。

☆男声合唱団コールM第36回定期演奏会まで たぶんあと60日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)