数学の問題を解いてみた

today 2014(平成26)年6月7日(土)旧5月10日
100years ago 1914(大正3)年6月7日(日)旧5月14日

 週末のお楽しみ鹿島アントラーズの試合が1ヶ月半の長い中断期間に入ったので、録画しておいた勝ち試合を観て過ごしたところのcozyです、こんばんは。(負け若しくは引き分け試合はデリートしてます)今日は直近の勝利ゲーム、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第7節清水エスパルス戦(6月1日)を堪能しました。

 昨晩、家人から数学の文章題の解法を教えてくれと頼まれたものの、解けなかったのですが、今朝、10マイル走をしているときにふと思いつきました。帰宅後、シャワーを浴びてからそのアイディアを試してみると、あるところまでは解けました。が、その先には進めず、結局、ゴールまでたどり着いたのは、つい先ほどでした。

 昨夜はいくら考えても全くわからなかったので、今朝は目からのウロコがとれたような気がしました。大げさにいうと、アリストテレースさんが浮力を、アイザック・ニュートンさんが万有引力を発見したときも、こんな感じだったのかなと。ただ、その後も計算ミスもありなかなか正解にはいたりませんでした。

 久々に挑戦した数学問題を解くという行為はとても新鮮でした。与えられた条件のみをリソースとしていかに効率よく正解に到達するか。プロセスでのミスも許されません。それだけにゴールしたときの達成感もひとしおです。クセになりそうなほど爽快でした。

20140607
アイディアがひらめいたときの風景を記念に撮っておきました。思わず小躍りをしました。

【今日の1問】
 点P(X,X2乗)は、放物線Y=X2乗上の点で、2点A(-1,1)、B(4,16)の間にある。このとき、三角形ABPの最大値を求めよ。
 これが一日がかりでやっと解いた問題だ。みんなも挑戦してみよう。答えは次回更新時。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)