父との確執

today 2014(平成26)年6月29日(日)旧6月3日
100years ago 1914(大正3)年6月29日(月)旧閏5月6日

 瞬間的にではありますが、2月に受けた特定保健指導の目標体重値をクリアしたところのcozyです、こんばんは。6ヶ月かけてということでしたので、1ヶ月ほど前倒しでの達成です。ミッション・ソワサントディスにより冬場の増加を抑えたのがよかったのかなと。が、油断は禁物、リバウンドに気をつけたいと思います。

 久々に、ウェブログタイトルにそったケンジ君話です。100年前の3月に岩手県立盛岡中学を卒業し、すぐ肥厚性鼻炎で盛岡の岩手病院に入院しました。でもって、看病に疲れた父・政次郎さんも入院したり、日詰出身の看護師さんとのコイバナがあったりしました。というところまでが、前回までのあらすじです。

 100年前の今頃は父子ともども退院し花巻の自宅に戻って、店番をしたり、養蚕の手伝いなどをしていました。が、家業への嫌悪、失恋の痛手、友人達の進学から受けた焦燥感からノイローゼ状態となる というのがクロニクルによるところです。家業イコール父親への反発を中心とした様々な要因によるという見立てです。

 父親と息子の確執は、古今東西、人類普遍のテーマですが、こういうエピソードが持ち出されるということは、ケンジ君の作品に反映されていることからだと思われます。非常にわかりやすくはありますが、なんとなく全てをソレで説明するのもどうかなというところもあったりします。
 
20140629
100年前、ケンジくんがいたであろうあたりの今日の様子。

【今日の1枚】
 サージェントペッパーズ・ロンリーハーツクラブバンド ビートルズ 1967年
 今日はビートルズ初来日48年目(1966年)なので。彼らの最高傑作とも称されるこの作品はこの年の年末から録音されました。ところで、サージェントにはわが国でいう「巡査部長」の意もあり、「ペッパー警部」とも訳しえます。つことは、直訳「ペッパー警部の恋人募集中楽団」ムムム・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)