No Pain No Gain

today 2014(平成26)年7月13日(日)旧6月17日
100years ago 1914(大正3)年7月13日(月)旧閏5月20日

 昨日行われた第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦において、鹿島アントラーズがJFL所属のソニー仙台と対戦しPK戦の末3回戦進出を逃してしまい、落胆しているところのcozyです、こんばんは。下位のチームが上位カテゴリーのチームを倒す(今回の場合正しくは引き分けですが)、世にいうジャイアントキリングをくらったということです。

 ですので、先週考えた残念な事態への対処法を今週も発動してしまいました。(今後も、しょっちゅう繰り出しそうな気がします。)怖いもの見たさでアントラーズサポーター系ウェブログをネットサーフィンしたのですが、FIFAワールドカップで惨敗したブラジルチームと重なりました。失望、諦念、罵詈雑言アンドモア。。。

 ウェブログといえば、昨季までアントラーズに所属していた岩政大樹選手の「No Pain No Gain(痛みなければ得るものなし)」、めっさ面白いです。岩政選手は、現在タイ・プレミアリーグのBECテロ・サーサナFCで活躍しています。アントラーズサポーター以外の人にも好評のようです。ぜひ、読んでみてください。おススメです。

 アントラーズに話を戻すと、来週からはリーグ戦が再開するので、落ち込んでばかりもいられません。シーズン終了後、昨日の試合が、GainのためのPainだったね、Pain in Vain(無駄な痛み)じゃなかったね、と笑っていいたいものです。もちろん、リーグ優勝しかないということです。

20140713
例年どおりアジサイの花がきれいな正一位稲荷神社。

【今日の英語・ドイツ語・中国語】
邦語:3位決定戦
英語:the third-place match
ドイツ語:das Spiel um Platz drei
中国語:季軍戦(ji4jun1zhan4)
 不要論が根強い3位決定戦ですが、開催地ブラジルチーム、ここでも負けちゃいました。彼らにとって敗れていい試合などない(このへんのことは、7月6日のNo Pain No Gainに書いてます)ので、かなりショックでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)